2021年9月11日 (土)

【shezooライブスケジュール】


【七つの月 2021】
作曲家・ピアニストのshezooが、7人の歌手と彼らの愛すべきミュージシャ ンと共に、横浜の老舗ライブハウス・エアジンで毎夜ライブを繰り広げる7 日間。


2021年9月
18(土)「鏡の中の月」松本泰子、太田惠資 ゲスト:ゲレン大嶋
19(日)「うつしえの月」初音ミク、酒井康志
20(月祝)「桃あル月」蔵田みどり、竹内理恵
23(木祝)「分点の月」Noriko Suzuki、田中邦和
24(金)「夢を遡ると月」柴田暦、桑野聖
25(土)「水面に揺れる透明な月」石川真奈美、藤野由佳
26(日)「深淵に棲む鳥たちの月」Ayuko、(夜の音楽)加藤里志、立岩潤三

配信チケット
・「七つの月」全部買い
!! 限定追加販売5枚。

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124659184ca632195811583

9/18()「鏡の中の月」松本泰子、太田惠資 ゲスト:ゲレン大嶋

https://umemotomusica.stores.jp/items/612486972b2d3d2bfd8b8c77

9/19()「うつしえの月」初音ミク、酒井康志

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124e64ba92a780f934db84e

9/20(月祝)「桃あル月」蔵田みどり、竹内理恵

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124e6a30f9a226168434121

9/23(木祝)「分点の月」Noriko Suzuki、田中邦和

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124e717e494334c0a1a95ba

9/24()「夢を遡ると月」柴田暦、桑野聖

https://umemotomusica.stores.jp/items/612488492b2d3d1f428b8a85

9/25()「水面に揺れる透明な月」石川真奈美、藤野由佳

https://umemotomusica.stores.jp/items/612487f584ca631720a0d53f

9/26()「深淵に棲む鳥たちの月」Ayuko(夜の音楽)加藤里志、立岩潤三

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124874be494330463c3ed6b

 


時間:18時開演(最終日9/26のみ17時開演)  / 開場は開演30分前
場所:横浜エアジン 横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)
店内ライブ:予約¥3000 当日¥4000 +1Drink(配信合言葉付)☆
予約問合:045-641-9191  https://airegin.yokohama/contact.html
配信チケット:¥2000(2週間見放題)
配信:https://umemotomusica.stores.jp/
☆予約席が完売の時点で当日券は販売致しませんので、ご注意下さい。
Omote_20210731033301 Ura_20210731033301



【Loco por ti-あなたに夢中-ライブ@sweet rain】

日時:10月1日(金)18:30open / 19:30start
場所:sweet rain 東京都中野区中野5-46-5 岡田ビルB1
   
予約・問合せ:03-6454-0817  jazzsweetrain@cap.ocn.ne.jp
料金:予約3,080 / 学割1,980(+order)
出演:Loco por ti-あなたに夢中-
北沢直子 Flute
スズキイチロウ Guitar 
shezoo Piano 
Flyer


10/08(金)高橋美千子+shezoo ライブ@横浜なんでも音楽祭<秋>

日時:8月11日(水祝)18:00 start
場所:横浜エアジン
   横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)
店内ライブ予約¥3500 当日¥4000 (+1Drink) 
予約問合:045-641-9191  https://airegin.yokohama/contact.html
配信チケット:¥2000(2週間見放題)
配信url:https://umemotomusica.stores.jp/

 

『音楽×空間 第3回公演』
自由自在に世界で歌う高橋美千子とあらゆるシーンで作曲・ピアノ演奏で活躍するshezoo

日時:2021年10月9日(土)16:00~  
カーサ・モーツァルト
(明治神宮駅より徒歩2分)

日時:2021年10月10日(日)14:00~  
音降りそそぐ 武蔵ホール
(西武池袋線武蔵藤沢駅前)

両公演とも
全席自由 4000円
【ご予約・お問合せ】synlogue0111@gmail.com (笠松)
 
Omote_20210731045401 Ura_20210731045401




【疎開サロンに送る 最後のラブレター】

-かつてここにあったであろう不思議な音の記憶として-

■ここにあった歌
日時:10月16日(土)ン

出演:平山織絵(cello)
   shezoo(piano)

 


みみたぼライブ@大泉学園in F 

*詳細は決定次第記載いたします。

日時:11月7日(日)
場所:大泉学園in F
出演:石川真奈美(voice)
   shezoo(piano)


出演:高橋美千子(soprano)
   shezoo(piano)
■ここにあった言葉
日時:10月23日(土)
出演:西田夏奈子(朗読)
   shezoo(piano) 
■ここにあった記憶
日時:11月3日(水祝)
出演:永井朋生(percussion)
   shezoo(piano)
■場所
喫茶疎開サロン
東京都江東区大島6-8-12
https://www.sokaisalon.com/

■料金
¥3500(ドリンク付き)
※要予約。当日清算のみとなります。

■ご予約・お問い合わせ
クリスタガリー
nephrophyllidiumcristagalli@gmail.com
 


倭文織shezoo-Oriライブ@成城学園カフェ・ブールマン

*詳細は決定次第記載いたします。

日時:11月6日(土)
場所:成城学園疎開カフェ・ブールマ

2021年8月29日 (日)

「七つの月2021」配信チケットのお知らせ

Omote_20210829023301
作曲家・ピアニストのshezooが、7人の歌手と彼らの愛すべきミュージシャンと共に、横浜の老舗ライブハウス・エアジンで毎夜ライブを繰り広げる7日間「七つの月2021」配信チケット、全部買いが完売、追加販売が入荷しました。

・「七つの月」全部買い!! 限定追加販売5枚。

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124659184ca632195811583

9/18()「鏡の中の月」松本泰子、太田惠資 ゲスト:ゲレン大嶋

https://umemotomusica.stores.jp/items/612486972b2d3d2bfd8b8c77

9/19()「うつしえの月」初音ミク、酒井康志

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124e64ba92a780f934db84e

9/20(月祝)「桃あル月」蔵田みどり、竹内理恵

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124e6a30f9a226168434121

9/23(木祝)「分点の月」Noriko Suzuki、田中邦和

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124e717e494334c0a1a95ba

9/24()「夢を遡ると月」柴田暦、桑野聖

https://umemotomusica.stores.jp/items/612488492b2d3d1f428b8a85

9/25()「水面に揺れる透明な月」石川真奈美、藤野由佳

https://umemotomusica.stores.jp/items/612487f584ca631720a0d53f

9/26()「深淵に棲む鳥たちの月」Ayuko(夜の音楽)加藤里志、立岩潤三

https://umemotomusica.stores.jp/items/6124874be494330463c3ed6b

サプライズゲスト、行川さをりさんはいつ出演するのか!


時間:18時開演(最終日9/26のみ17時開演) 開場は開演30分前
場所:横浜エアジン
横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)
店内ライブ:予約¥3000 当日¥4000 +1Drink(配信合言葉付)
045-641-9191 https://airegin.yokohama/contact.html
☆予約席が完売の時点で当日券は販売致しませんので、ご注意下さい。
ライブ中継&配信チケット:¥2000(2週間見放題)

Ura_20210829023401

2021年7月22日 (木)

【TubaでBach】

えもいわれぬ美しい響きを聴いたことがあります。

それは回廊に囲まれたミュンヘン音大の中央階段で演奏された金管のアンサンブル。

玉のような音に誘われて、天使も舞い降る。


そんな丸みを帯びた響きが美しい金管の中でも、特に好きなのがチューバです。

そのチューバたちが互いに共鳴する響き。

今日の「TubaでBach」のリハーサル、その卒倒しそうに美しい瞬間が何度あったことか‥。

そこに時折奏でられるやさしいリコーダー、こんな瞬間はこのライブでしか味わうことができないはず。


そしてふたつのTubaは美しいだけにとどまらず、堰を切った瞬間、天地を揺るがす迅雷風列の世界に全てを巻き込んでいく。関島岳郎さん、佐藤桃さん、恐るべし。


明日7月24日のエアジンバッハピアソラまつり2021夏では、バッハ、ピアソラに加えて、TriniteのApotosisなどもツインチューバでお楽しみ頂けます。


リアルライブ、まだお席がご用意できるようです。ご予約はshezooへDMを頂いても結構です。


配信チケットも発売中です。

https://umemotomusica.stores.jp/items/60d0a98059fc793bce9d1028


チューバ大好きな私だけに留まらず、きっとあなたの心も鷲掴みにすること、請け合いです💝


J.S.BACH & PIAZZOLLA昇天祭2021<夏> 

TUBAS @横浜エアジン

日時:7月23日(金)18:00 start

場所:横浜エアジン

   横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)

店内ライブ要予約¥3000(+1Drink)

予約問合:045-641-9191  https://airegin.yokohama/contact.html

配信チケット:¥2000(2週間見放題)

配信:https://umemotomusica.stores.jp/

出演:

関島岳郎(tuba/他)

佐藤桃(tuba)

shezoo(piano/arr)

92dbebf752b844a185df18d636c97d7a216785829_10217316091688198_155619090862

2021年7月20日 (火)

【 チューバ で バッハ 】

ふたつのチューバとピアノ、ある時はチューバとリコーダーとピアノでマタイの美しいアリアを演奏したら、どんな響きになるのだろう。

それが聴きたくて、このライブが実現しました。


「ザ・スリル」や「栗コーダーカルテット」だけでなく、ひたすら憧れの存在。いつか何かでご一緒したいと念じ、たぶんまだ身の丈には合ってないないのだけれど、思い切って関島岳郎さんに声をかけました。


今年2月に行われた「マタイ受難曲2021」では、まさかのチューバ による切れっキレのバッソコンティニュオでみんなをあっと言わせた佐藤桃さんに声をかけました。


こんな無茶振りのアイディアに参加してくださるおふたりに敬意を表してピアノソロを用意しています。

学生の頃、毎週平均律の1曲を暗譜するというありえないタスクをやっていたこと思い出しつつ。


今回は、美しい3声フーガ、あの作品のテーマを演奏します。

バッハが得意なフーガとは、曲をメロディと伴奏とに分けることなく、演者全員が受け持つパート=声部それぞれがメロディとなって生き物のように絡みながら音楽を作っていきます。

それを一人でやるので、いささか多重人格になりながら取り組んでいます。

ひとつひとつの声部に、今の自分の思いが込められますように。


J.S.BACH & PIAZZOLLA昇天祭2021<夏> 

「TUBAS @横浜エアジン」

日時:7月23日(金)18:00 start

場所:横浜エアジン

   横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)

店内ライブ要予約¥3000(+1Drink)

予約問合:045-641-9191  https://airegin.yokohama/contact.html

配信チケット:¥2000(2週間見放題)

配信:https://umemotomusica.stores.jp/

出演:

関島岳郎(tuba/他)

佐藤桃(tuba)

shezoo(piano/arr)

2021年7月 5日 (月)

倭文織shezoo-Oriライブ - 平山織江cello / shezoo piano

美しいプレイと素晴らしい曲を作られるチェリスト平山織江さんとのデュオユニット、倭文織shezoo-Oriのライブを成城学園カフェ・ブールマン で行います。

倭文織のための新曲をご用意しました。

サン・サーンスの白鳥など、美しいナンバーもお届けします。

来週日曜日の昼下がり、お目にかかれますように。


☕️

日時:7月11日(日)14:30open/15:00start 2ステージ入れ替えなし

場所:成城学園カフェ・ブールマン

   世田谷区成城6-16-5カサローザ成城2F 

料金:¥3,000 +2オーダー

予約問合:03-3484-0047 info.cafebeulmans@gmail.com

出演:倭文織shezoo-Ori

   平山織絵(vc)

   shezoo(p)

1stステージのみ配信もありますので、詳細が分かり次第アップいたします。

1f6fbc1d347c409183f449942d091f10Aecc612c8bdc4b05a66726c6f8d6a72b

みみたぼと荒野行動で演奏することの理解

昨日、7月3日はうたの石川真奈美さんとのデュオユニットみみたぼ、ホームグラウンド大泉学園インエフでのライブでした。

お聴きくださったみなさま、雨の中お運びありがとうございます。

🍀

どうも自分がファーストパーソン、一人称の視点で音楽を生み出している。一緒に音を出すメンバーを押し除けたり無視したりすることはもちろんないわけで、むしろ一緒になって熱くなるのが気持ちがよいことは多々あったわけですが、そんな中で、ふと、誰かからの小さな投げかけをとりこぼしてしまっていることに気づいていました。もちろん全部を拾いまくっていては先に進まないのだけれど、その中に、決して落としてはいけなかったものが多くあることがずっと気になっていました。

それにはもうひとつ。芝居では周知のことである台本の内容をあたかも今初めて知ったように演じるのは当然のこと。ミュージシャンにも同じことが言えるのではないか。

楽譜があるにせよ、即興にせよ、何かのストーリーを演奏する時、回数が増えるごとに経験値に基づいたルーティーンになっていたのではないか。

それを紐解ける大きな糸口、それこそが、誰かが投げかけてくれた落としてはいけない大切なものにあると考え始めました。

マタイ受難曲2021はとても大きな経験ですが、特に何が変わったわけでもなく、それ以前と同じように、ライブで演奏すると思っていました。

それがたまたまであったのか、マタイ受難曲2021の後に経験したライブ。

大切な人を失くした直後ライブに臨んでいた高橋美千子さん、平山織絵さんの音。去年1月にも上演したはずなのに、全く違った太田惠資さん松本泰子さんとの紙芝居「ちっちゃいこえ」。大変な状況からライブに戻ってきた北沢直子さんとのエアジンバッハ 、みみたぼ@山猫軒、スズキイチロウさんとのLoco por ti@エアジン。

それらを経て、演奏をしている間も、熱いものを抱えながらも、一歩引いた目で全体をもう一度見つめ直しながら音を選んでいく。

ずっと自分の中でモヤモヤしていたものが、少しずつベールをめくるようにクリアになってきた。

そのことをしっかり感じながら演奏できたのが今回のライブでした。

石川真奈美さんのうたには、聴く者をやさしく包みながら、その記憶にメッセージをしっかりと残すチカラがあります。

そのうたで広がるみみたぼサウンド。より豊かに感じていただくために自分ができること、まだ少し迷いながらも見つけていこうと思います。

🍀

次回みみたぼライブは、少し先の11/07(日)インエフ。

その前には、7人の歌手と毎夜ライブを繰り広げる「七つの月」9/25(土)にアコーディオン藤野由佳さんとともに真奈美さんとのライブをお届けします。

4e59d7a4303041d3a5ba32931c2fd661

Bd966f22881944338d53ce0a927945ac

2021年6月23日 (水)

【七つの月 2021】

作曲家・ピアニストのshezooが、7人の歌手と彼らの愛すべきミュージシャ ンと共に、横浜の老舗ライブハウス・エアジンで毎夜ライブを繰り広げる7 日間。

2021年9月

18(土)「鏡の中の月」松本泰子、太田惠資 ゲスト:ゲレン大嶋

19(日)「うつしえの月」初音ミク、酒井康志

20(月祝)「桃あル月」蔵田みどり、竹内理恵

23(木祝)「分点の月」Noriko Suzuki、田中邦和

24(金)「夢を遡ると月」柴田暦、桑野聖

25(土)「水面に揺れる透明な月」石川真奈美、藤野由佳

26(日)「深淵に棲む鳥たちの月」Ayuko、(夜の音楽)加藤里志、立岩潤

時間:18時開演(最終日9/26のみ17時開演) 開場は開演30分前

場所:横浜エアジン

   横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)

店内ライブ:予約¥3000 当日¥4000 +1Drink(配信合言葉付)

045-641-9191 https://airegin.yokohama/contact.html 

☆予約席が完売の時点で当日券は販売致しませんので、ご注意下さい。

ライブ中継&配信チケット:¥2000(3週間見放題) 

https://umemotomusica.stores.jp/


flyer

artwork by Mariko  Tanigawa

design by yamashin


4ac0e86d35e44fff8df66f1e327c94c9Ae74cf15d0ce491ca7276c5089ca0bed

2021年6月16日 (水)

「みみたぼ(石川真奈美&shezooデュオユニット) 山猫音楽会」guest北沢直子

石川真奈美さんのうたを聴かせて頂き、どうしても一緒に演奏をしたくてデュオのライブをお願いしたのが今から4年前。それ以来、2人で粛々とライブを重ね、今年デュオユニットを《みみたぼ》と命名しました。

当初はスタンダードをやったり試行錯誤しながら、2人のオリジナル曲も着実に増やし、それは今年2月に上演されたマタイ受難曲2021でクライマックスに真奈美さんによって歌われる「Mache dich mein herze rein」へとつながることとなりました。

そして今週の土曜日6/19は、待ちに待った越生山猫軒での「みみたぼ 山猫音楽会」が開かれます。

ゲストには、情熱的でハートフル、素晴らしいフルート奏者、大北沢直子さんをお迎えします。

いつも大切に演奏している大好きな曲たちが、越生の森の中で、山猫軒の空間の中で、どんな表情を見せてくれるのか、どんな音が聴こえてくるのか。

きっと虫や鳥たちも、音楽会を心待ちしているに違いないと思うのです。

都心の喧騒を離れ、美しい自然の中でのひとときを過ごしに、ぜひお出かけください。

■6月19日(土)

 越生 山猫軒

 https://www.yamaneko.info

 TEL 049-292-3981

 埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷137-5

 ・18:00~

 ・music charge ¥3000(予約) ¥3500(当日)

 ・【みみたぼ】shezoo(p) 石川真奈美(vo)

   guest 北沢直子(fl)

● ご予約は山猫軒、またはshezooへのDMでお願い致します。

●会場までの足にご不安の方はshezooまでDMでお問い合わせください。

Add99d52d54746bc87567bfc4e3232c8

砂漠の狐とマタイ受難曲2021

〈砂漠の狐〉

行川さをり(vocalvoice)

田中邦和(sax

shezoo(作編曲/piano


今年2月に行われたマタイ受難曲2021。バッバやマタイを限られた人たちのものにしない、クラシックやキリスト教とは縁遠い人たちにもその美しさを知ってほしいとの思いでお届けしたコンサート。

その中でもひときわ光っていた行川さをりさんの魅惑ボイスによる語りとうた、そして田中邦和さんのジャズアプローチsax。

あれは決して偶然ではなく、さをりさん、邦和さんとのユニット、砂漠の狐が粛々と育ててきた音楽が実った果実であったと感じています。

さをりさんと邦和さんとshezooで何をやるんだろう、どんな音楽?

さをりさんのA.C.Jobim、邦和さんのKennyWheeler、shezooのオリジナルなど、それぞれのフィールドに砂漠の狐でしかお聴き頂けないさをりさん、邦和さんによるJ.S.Bachを加えたサウンドを砂漠の狐はお届けします。

そんな砂漠の狐のライブが今週の日曜日6/20、渋谷のLi-poで行われます。今回は、J.S.Bachの人間の生そのものに迫るような音を静かに物語る時間にできたらと思っております。

東京もようやくの梅雨入り。静かに渋谷の街を見下ろす大人の空間、Li-poには初めての出演となります。配信はありません。そっと足を運んで頂けましたら幸いです。

🐌

2021.6.20(日曜日)砂漠の狐Live

14:30開場 15:00 開演

予約¥3500・当日¥4000(+別途オーダー)

Li-Po http://li-po.jp


●ご予約・お問い合わせ

http://li-po.jp/?page_id=5385

*もしくは、直接メッセンジャーでshezoo宛にご連絡ください。


●FBページ

https://fb.me/e/2fBWRWQa6


●砂漠の狐ライブ音源

https://m.soundcloud.com/shezoomusic/a-time-for-love?ref=clipboard&p=i&c=0&utm_source=clipboard&utm_medium=text&utm_campaign=social_sharing

*東京都の緊急事態宣言の延長に伴い、バー営業はお休みされており、喫茶のみご利用いただけます。また、コロナ感染予防対策として、ご入店の際は必ずマスクの着用をお願いいたします。

4949afd76cce49ed95741739375c094f

856bd72524934ddfab5d8189e3775bc4

2021年6月13日 (日)

紙芝居「ちっちゃいこえ」と松本泰子さんと太田惠資さんのこと

Img_3094
大好きな映画「河童のクゥと夏休み」太田惠資さんのバイオリンに何度涙したことだろう。
斎藤徹さんのオペリータ「うたを探して」松本泰子さんのうたに心が震えた。
脚本を書いたアーサー・ビーナードさん自身が読む紙芝居「ちっちゃいこえ」を初めて見た時、わたしはどうしてもこの二人とこの作品を上演したいと思いました。

昨年1月に山猫軒で初演したこのプロジェクト、その時は紙芝居「ちっちゃいこえ」を通して戦争や原爆の悲惨さを伝えたい、という気持ちで臨んだ上演でした。
でも今回は、同じ題材であるのに、そこにあったのは、それらを突き抜けた「生きる」ということ。
それを私たち演者が感じ、描き、お聴きくださったみなさんも同じように感じていたと...。

生まれゆくことば、生まれくる音、様々な思いが交差する時間でした。

今回、この思いを叶えてくれたブールマン吉岡さん、足を運んでくださった皆さん、配信をお聴きくださった皆さん、そして共演をしてくれたお二人に心から感謝します。

このライブの配信は、6月19日 (土) 23:55までどなたでもご視聴いただけます。
そしてもし、何かを受け取ってくださいましたら、ぜひ投げ銭サポートをお願いいたします。
配信動画
https://www.youtube.com/watch?v=tjNVLzXI9HQ&t=2880s
投げ銭サポート
https://cafebeulmans210612a.peatix.com/

より以前の記事一覧