2015年8月 7日 (金)

トリニテJapanツアー2015『月の歴史 Moons』part1

Photo_6

8月22日から中野、柏、名古屋、大阪、神戸でのツアーpart1が始まります。

すべての場所でご予約を受けつけております。

みなさまにお目にかかるのを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願い致します。


中野

日時:8月22日(土)19:00開場 20:00開演  

場所:Sweet Rain

   東京都中野区中野5-46-5 岡田ビルB1

料金:¥2,500

問合:03-6454-0817 http://jazzsweetrain.com/


日時:9月5日(土)18:30開場 19:30開演

場所:スタジオWUU 

          柏市柏1-5-20プールドゥビル5F

料金:予約 ¥3,000 / 当日 ¥3,500

問合:047-164-9651 http://www.wuu.co.jp/

 

名古屋

日時:9月11日(金)18:30開場 19:00開演

場所:5/R HALL&Gallery音楽ホール

          名古屋市千種区今池1-3-4 

料金:前売 ¥3,000 / 当日¥3,500

問合:052-734-3461  www.five-r.jp

 

大阪

日時:9月12日(土)19:00開場 19:30開演  

場所:ソープオペラクラシックス

          大阪市中央区西心斎橋1-6-8 トムズハウス4階

料金:予約 ¥3,000 / 当日¥3,500 (別途1Drink+1Food¥1,100)

問合:06-6121-6688 http://www.toms-soc.jp/

 

神戸

日時:9月13日(日)14:00開場 14:30開演

場所:クレオール 

          神戸市中央区山 本通2-3-12

料金:予約 ¥3,000 / 当日¥3,500

問合:http://creole-live.net

 

横浜

日時:10月16日(金)18:00開場 19:00開演

場所:Jazzspotドルフィー 

   横浜市中区宮川町2-17-4 第一西村ビル2F

料金:予約 ¥3,000 / 当日¥4,000

問合:045-261-4542  http://www.dolphy-jazzspot.com/ 

Photo_5

 

2015年5月15日 (金)

Trinite Japan Tour 2015 ―「月の歴史」CD発売記念― トリニテ・ジャパン・ツアー2015 東京公演

Flyer_tiara_f

Trinite Japan Tour 2015 ―「月の歴史」CD発売記念―
トリニテ・ジャパン・ツアー2015 東京公演


ジャズでもクラシックでも民族音楽でもない、ジャンルの壁を超越したアコースティック・カルテット、トリニテ。
過去と未来が錯綜するトリニテのステージは、あなたの知らない世界を垣間見せてくれるに違いない。


Trinite トリニテ
shezoo シズ(piano /compose)
壷井彰久(violin)
小森慶子(clarinet)
小林武文(percussion)

日時:2015年7月10日(金) 18:30開場 19:00開演
場所:ティアこうとう小ホール http://www.kcf.or.jp/tiara/index.htm
   都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」から徒歩4分。
料金:4,000円(税込、全席指定席)※未就学児の入場不可


主催:岩神六平事務所
共催:公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団 ティアラこうとう
チケット販売中!
岩神六平事務所チケットオーダーフォーム http://roppei.jp/
ティアラこうとうチケットサービス 03-5624-3333
e+ http://eplus.jp/

お問合せは 岩神六平事務所046−876−0712(留守電対応)


flyer designed by 高良 真剣
Flyer_tiara_b_2

2015年4月26日 (日)

『横浜なんでも音楽祭〈春〉』夜の子供の音楽

150505__3
   

夜に相応しい音楽ではなく、 夜に内在する音楽を探し求めて

今回は初参加の立岩潤三さんに加えて、tomocaさんがゲストで参加!
贅沢な夜のこどもの世界をお届けします。

日時:5月5日(火祝)19:00open 19:30start
場所:横浜エアジン tel 045-641-9191 http://yokohama-airegin.com/contact.html
料金:予約 2,500 当日 3,000 学生(U23)1,500 
        高校生1,000  中学以下無料(+Drink)

出演:加藤里志(sax)立岩潤三(perc)shezoo(piano)
ゲスト:tomoca(oboe)

2014年10月12日 (日)

21041013 夜の音楽『横浜国際なんでも音楽祭2014<秋> 』

-夜に相応しい音楽ではなく、夜に内在する音楽を探し求めて-

141013_
陽の当たる朝が“生”のイメージであるならば、暗闇を抱える夜は“死”の象徴なのだろうか。
夜、その暗闇の中は、生と死を行き来するエネルギーのふきだまり。
シニフィアン・シニフィエ@エアジンの演奏で魅了したsaxの加藤里志さんと、今回は夜に在るほんの少しの光を集めたプログラムで夜の音楽をお届けします。
連休最後の夜、妖しくて美しい夜へ。
夜の音楽『横浜国際なんでも音楽祭2014<秋> 』
日時:10月13日(月祭)7:30pm開演
出演: shezoo(piano) & 加藤里志(sax)
料金: 前¥2500 当日¥3000 学生¥1500
曲目:シューベルト/冬の旅    
   ピアソラ/アヴェ:マリア    
   フォーレ/エレジー    
   ワイル/ユーカリ 他

2014年9月28日 (日)

20141005シニフィアン・シニフィエライブ@横浜エアジン -フリーすぎる現代音楽の危険な匂い-

10633448_944744085541219_6352087587


シニフィアン・シニフィエ

-フリーすぎる現代音楽の危険な匂い-

シニフィアンとは
哲学用語で、意味しているもののこと。
楽譜がシニフィアンであるとしたら、そこに意味されてい

る音楽とは。 シニフィアンとして楽譜に書かれた音符を再現しながら、

その曲をもっと自由に羽ばたかせるシニフィエへ。

メンバー全員が常に作曲をしながら現代音楽を演奏する、
それがシニフィアン・シニフィエのかたち。

今回はsaxの加藤里志が初参加!

shezoo (pf)、壷井彰久(vl)、土井徳浩(cl)、加藤里志(sax)、水谷浩章(bass) 、ユカポン(perc)
日時:10月5日(日)15:30open 16:00start
場所:横浜エアジン http://yokohama-airegin.com/http://yokohama-airegin.com/
横浜市中区住吉町5−60 tel.045-641-9191
料金:予約¥2500、当日¥3000、学生(U23)¥1500、高校生¥1000、中学以下無料 +drink
予約・お問合せ:http://yokohama-airegin.com/contact.html


現代音楽なんて聴くと、ちょっとと腰がひけてしまう…。
でも気づかないまま、普段耳にしている曲の中に、意外とまぎれているものも少なくありません。

「2001年宇宙の旅」、「ピアノレッスン」、映画の中では数多くの現代音楽がサントラとして使われています。

こわくなければお化け屋敷ではない。
こわくてもホラー映画を見たくなることもあるはず。
こわいといわれる現代音楽は、残念ながらそこまではこわくないかも。
でもあえて、こわくないとは明言しません。

懐かしいあの曲ではないけれど、そこには現代に生きるわたしたちに様々な映像を見せてくれる。
そしていろいろなことを静かに思い起こさせてくれる音楽がきっとあります。

それを確かめにいきましょう。
わたしたちは、そんな作品を、さらに普段使いで演奏してあなたの側にお届けします。

2014年8月13日 (水)

「25次元空間の入り口で考える猫たち」映像がアップされました

ライブ映像がアップされました。


「25次元空間の入り口で考える猫たち」
”at the entrance to the 25-dimenshon, the cats to think"


荒井皆子/ARAI Minako(Voice & percussion), Shezoo(piano) 
2014/07/26 @『 inF』(インエフ

2014年8月10日 (日)

20140903「25次元空間の入り口で考える猫たち」荒井皆子(Voice)・Shezoo(piano) DUOライブ

「25次元空間の入り口で考える猫たち」

荒井皆子(Voice)・Shezoo(piano) DUOライブ

Shezooscats_4

「25次元空間の入り口で考える猫たち」シリーズ第2回。

あらゆるジャンルを飛び越え、色彩と映像の見える音楽、細胞と心に浸透する音楽を追究する「インストゥルメンタルメガ・ピクセル・ヴォイス・プレーヤー」荒井皆子と さまざまなジャンルを超えて活動する作編曲家・ピアニスト、shezooシズとのデュオ。

他では決して味わえない密度の濃い空間を、ぜひ体感しにいらしてください!

【日時】9月3日(水)20:00-

【場所】大泉学園・インエフ 西武池袋線「大泉学園」北口徒歩5分

【問合】03-3925-6967

【料金】2,500円(+オーダー)

~~~ 前回ライブアンケートより ~~~

聴いてくださった皆さん、どうもありがとうございました。

「聴いていて異次元に連れて行かれるような不思議な感覚。皆子さんのオリジナル「夢見の時」は、何かの映画のサントラを聴いているような感じでした!!何かすごかった。言葉で表せない。ピアノもすごいけど、人の声もまたすごい。ただただ凄かった。」(O.Yさん 女性)

「人間の声がこんなに深く五感に訴える物であることを、初めて感じました。ピアノ素晴らしかったです。」(Y.Yさん 女性)

「音の幅の深さ、場数を踏んだアドリブ、どれも驚く事ばかりでした!小楽器のパーカッシヨンがまた面白かったです。ピアノの迫力がすごく技術の高さを感じました。」(U.Yさん 女性)

「2ステージ目からでしたが、とても充実した時間を過ごせました。in F 居心地良くて好きです。」(N.Aさん 女性)

「自然体のハイテクニックを堪能できた。けれんみ無く繰り出される音楽は恐ろしく複雑で、すっきりと耳へ滑り込む。予想以上にインプロ要素たっぷりのライブだった。もっとかっちりした譜面もののライブかと思ってたら、意外な展開だった。そうとうにアバンギャルドで美しさ満載。二人のアイデアで充実したライブだった。また聴いてみたいな。」(Tさん 男性)

2014年8月 2日 (土)

20140808トリニテ・ライブ@公園通りクラシックス -そこからは架空世界の音楽が立ち現れる-

B_3

今回はまだタイトルを決められずにいる4つめの組曲への新曲、『月の歴史』からLunaをリアレンジしてお届けします。
新メンバー2回目のライブ。トリニテはどこに向かっているのでしょうか。

アコースティック•クァルテット、トリニテ。
19世紀的黄泉の濃厚な香りに包まれた端正かつメランコリックな楽曲は、同時に南米的破調と熱狂、あるいは近未来の退廃的な世界を孕みながら、アントニオ・ガウディの建築物のように、その表情を未完のまま刻々とドラマティックに変化させていく。


出演:Trinite  shezoo(pf)、壷井彰久(vl)、小森慶子(cl)、小林武文(per)
日時:8/8(金) 19:00open 19:30start
場所:公園通りクラシックス
東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F
料金:前売¥3500、当日¥4000、学生¥2000
問合:info@trinite.me



2014年7月10日 (木)

「25次元空間の入り口で考える猫たち」荒井皆子(Voice)・Shezoo(piano) DUOライブ

「25次元空間の入り口で考える猫たち」

荒井皆子(Voice)・Shezoo(piano) DUOライブ

Shezooscats_4

日時:7月26日(土)20:00-
場所:大泉学園・インエフ http://in-f.cocolog-nifty.com/
   西武池袋線「大泉学園」北口徒歩5分
   03-3925-6967
charge:2,500円(+オーダー)

あらゆるジャンルを飛び越え、色彩と映像の見える音楽、細胞と心に浸透する音楽を追及する「インステゥルメンタルメガ・ピクセル・ヴォイス・プレーヤー」荒井皆子さんとのデュオ。
間違いなく他では絶対に聴くことのできない濃いライブ!

Arai_minako_mixi31_2
■荒井皆子(Voice)
あらゆるジャンルを飛び越え、One and Only の道をひた走る「インステゥルメンタル・メガ・ピクセル・ヴォイス・プレイヤー」。
常にミュージシャンと対等な位置でのインプロヴァイズを展開。全国のJAZZフェスティバル、コンサート、ライヴハウス(新宿ピットイン、横浜エアジン等)で演奏活動を行っている。'93年プロ対象のコンテスト横濱JAZZプロムナード・コンペティションで第1回『グランプリ』受賞。佐藤允彦プロデュース「BOb&JOlt」/BO-JO、セルフプロデュースによる「chondrule」/BO-JOをはじめ、4枚のアルバムをリリース。TVKテレビドキュメンタリー番組でフューチャーされた他、多くの音楽誌で高い評価を受けている。数多くの国内外のミュージシャンと共演。'09年New Yorkの音楽家支援財団、OMIアート・インターナショナルの召喚により、NYで2回のコンサートを行い、好評を得る。現在は<コンテンポラリー・neo・ジャパネスク>の他、リーダーバンド<絵夢茶FANTASY>等で活動。作、編曲も担当。JAZZ、ROCK、ワールドミュージック、即興、クラシック、現代音楽と、ボーダレスな独自のスタイルで、色彩と映像の見える音楽、細胞とこころに浸透する音楽を追及し続けている。http://homepage2.nifty.com/arai-m/

2013年7月19日 (金)

5Days『ライブハウスのJ.S.バッハ』 Shezooシズ(pf) unit {マタイ受難曲}@横浜エアジン

普通の人による普通の人のためのバッハマタイ受難曲をやってみる日。




注意)このライブはマタイ受難曲をそのままやるわけではありません。


もし全曲を原曲のまま聴きたいという方にはごめんなさい。これは違います。

普通の歌手が歌うアリアを中心に、マタイの中で語られるテーマをクローズアップしながら、

マタイ受難曲とは何であるかを知ってもらうライブです。


いずれ訪れる全貌へ向けて、今後展開していく様々な切り口からマタイを知るコンテンツへの最初の一歩と位置づけています。

 



5Days『ライブハウスのJ.S.バッハ』@エアジン

2013年7月27(土)  Shezooシズ(pf) unit 普通の歌手による普通の人のためのマタイ受難曲


[編曲、訳・脚本、ピアノ、synth]shezoo

[エヴァンゲリスト]山崎阿弥

[歌手]Coco(Die Milch)/ CHINO/ 松岡恭子 / 輿 美咲

[ソリスト]flute:中瀬香寿子 / violin:Jasmine(DieMilch)

横浜エアジンwww.yokohama-airegin.com  tel.045-641-9191

open19:00live19:30   charge¥2500+drink(¥500)

U23¥1500+D 高¥1000+D 中学生以下ペットも無料(Drikn代¥500のみ)

その他のカテゴリー

最近の写真