2008年11月 4日 (火)

見えるものと見えないもののあいだ

Photo_2
ネットで原美術館をチェックしていたら、米田知子展「終わりは始まり」が開催されているとあった。
彼女はロンドンを拠点に活動している写真家で、近年めざましい活躍をしているという。
不勉強な私は、彼女の名前をこの写真展で初めて知った。
「終わりは始まり」とは、なんと素敵な響きだろう。


http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html



焼け焦げた壁紙

夜明けの山並みに浮かぶ煙に包まれた工場

部屋におかれたソファ



一見するとさりげない風景や、生活のワンシーンを切り取った情景のような写真が並ぶ。
私はこういう写真が好きだ。

ひとつひとつの作品を、丁寧に見て行こう。
パンフレットに目を落とし、タイトルを見た瞬間、頭を殴られたような気がした。

違う、これはただの情景写真などではない。


その理由は、彼女が付けたタイトルにあった。

焼け焦げた壁紙の下には、暖房の風向がある「Heat」
 あの寒い日々、その風は部屋を暖め、人に温もりを与えたのだろう。その積み重ねとして、風は壁紙をも焦がしたのだ。

山並みに編み込みまれた、これこそ関東軍が爆弾を仕掛けた南満州鉄道の「線路」
 満州事変勃発の場となった瀋陽、その地を臨む。

この部屋で最後の瞬間を生きた二人と。
 「アドルフとエヴァのソファ」



 

最も強く彼女の感性に魅きつけられた作品、それが今日の日記の題名にした作品集「見えるものと見えないもののあいだ」

これは眼鏡をかけていた実在の人物たちが、彼らにまつわる書面や楽譜がぼやけている中、眼鏡のレンズの先だけはくっきり見えるというもの。

「マーラーの眼鏡」
 交響曲第10番(未完成)の歌詞が五線紙に書かれている。
 レンズの先には「Leb'Wohl(永遠にさようなら)」文字がくっきりと読み取れる。

「マハトマ・ガンジーの眼鏡」
 『沈黙の日』の最後のノートを見る。

「トロツキーの眼鏡」
 未遂に終わった暗殺計画の際に燃やされた辞書を見る

「谷崎潤一郎の眼鏡」
 松子夫人への手紙を見る。


現代に於いて、歴史的な出来事を画像で伝えるとするならば、できる限り即座に現場の悲惨さを伝える報道写真が思い浮かぶ。

彼女の手法は、それとはまったく異なる。
あまりにも日常的な情景がそのタイトルと結び付いた時、それは一瞬にして人間の犯した行為を鋭く抉り取り、見る者にその事実を激しく伝える。
これは、しっかりとした主張を持った事実の裏付けをアートとした写真なのだ。
米田知子との出会いは、ドキュメントの新たな在り方を知った瞬間だった。


「見えないものを見る」視線といえるものこそ、彼女の特徴であるという。
そして彼女自身は「記憶と時間」をテーマにしているという。



米田知子を検索して行くうち、薄い緑のカーテンの揺れる窓が広がるホールの写真に出会った。
「教室」
 遺体仮安置所をへて、震災資料室として使われていた/芦屋

「震災から10年」をテーマに芦屋市内を撮影した「シーン」のシリーズがあると知った。
この作品は、現在開催されている横浜トリエンナーレの2005年に展示されたという。

トリエンナーレ、今年は絶対に行こうと思っていた。
2005年。
行けていない。

こんなに悔やむことがある。
だから、ライヴも展示も、怠けず、今をチェックしていなければいけないということなんだ。

http://www.shugoarts.com/jp/yoneda.html
http://em.m-out.com/ec/html/category/001/002/172/category172_0.html
http://artshore.exblog.jp/2113492
http://www.yaf.or.jp/yma/exhibition/2007/collection/1/exhibition3.html
http://www.eu-japanfest.org/program/13/japan/in_between09.html
http://www.fujitv.co.jp/events/art-net/go/680.html






ケンウッド トワイライトライヴ
スクエア・丸の内で不定期に月2、3回開催される平日の夕方19:00〜20:00のライブイベントです。

『ソロピアノwithアート。shezooライブ』
日時:     11月7日(金) 19:00〜20:00(開場18:45)
出演:     shezoo(ピアノ)
内容:     映画音楽、CM、舞台などの音楽の制作を手がけ、卓越したピアノ演奏家として活躍するshezoo(シズ)のソロライブです。CDアルバム「ネイチャー・サークル」でコラボレートした霧島留美子の絵画を大画面に映しながらの演奏。深まる秋に相応しい音楽とアートをお楽しみ下さい。
予約:     TEL:03-3213-8775 (ケンウッド スクエア・丸の内まで) 
http://www.kenwood.co.jp/j/square/event/twilight.html

2008年8月 9日 (土)

涙型の雨

Nec_0007_2

灰色の空。


こんなに暑いのに、相変わらず曇りだ。
晴れていたって、暑いことに代りはないけれど、あのどんよりとした雲を見ていると、気持ちまで重く垂れ下がってくるから不思議。


オリンピックの名のもと、昨日中国では降雨ロケット弾が天に向かって放たれた。ロケット自身が自然界に及ぼす弊害があるという情報は聞こえてこないものの、どう見ても病んでいるとしか思えない空に対して人間が自分の都合で企てた作戦は、その指揮者曰く「神様のおかげ」で成功した。


頻発する地震による津波や天災の猛威の前に、人間があまりにも無力であることは百も承知の上、あたかも挑戦的な態度で自然の働きに戦いを挑む行為は、何を意味するのか。


各地で報告される集中豪雨による河川の氾濫に、内水は外海へ辿り着けず、行き場を失い、地上を彷徨っている。被害をより拡大している原因に、川底までにも及ぶ過剰な河川工事があるという事。これはもう、人災と言わざるを得ないのではないか。

豪雨、雷、突風を引き起こすものが、積乱雲が涙型に伸びた「テーパリング・クラウド」と呼ばれる雲だという。その尖った先から落ちる雨が、諍いのない、平和な世界を声高に叫ぶ地球に落とされた大量殺戮兵器のごとく、たくさんの命を奪っていく。

2008年8月 4日 (月)

鳥のカタログ

うちの近所に生息する鳥は、とにかく歌がうまい。

仕事が一段落する頃、ウグイスたちのセッションに始まり、さまざまな声が加わっていく。じっと耳を傾けていると、やがて空は白んでゆく。


テスト


いったい何種類いるのだろう。あの鳴き方は、何という名前の鳥なのか。


そんな事を考えながら、今年の春頃から鳴き声のスケッチを始めた。
まだ20個足らずだけれど、少しずつ増えている。


ピアノは、楽器のカテゴリーとしてはパーカッションであって、その中でも実音のリリースは短く、木管や弦楽器のように本物の鳥の声を表現をすることは極めて難しい。

それでもピアノでフレーズを弾いてみる。いつかもっと、鳥に近づけるように。

2008年7月20日 (日)

太鼓・のこぎり・天の声

太鼓・のこぎり・天の声
小樽に到着。
古い建物に趣があります。素敵な街だ。


そういえば今日、題名のない音楽会にアウラが出たはず。


もちろん、アウラは天の声でしょう。


太鼓とのこぎりとセッション?

どんなだったんだろう。

その他のカテゴリー

最近の写真