2008年9月16日 (火)

eyes and ears

eyes and <br />
 ears


shezooソロ・ピアノ コンサート
- eyes and ears -

日  時 9月19日(金)
1回目 13:30〜14:10
2回目 15:00〜15:40
場  所 築地新店5階 space 会
出  演 shezoo
定  員 各回40名様
チケット代 1,000円(喫茶券付)
お問い合わせ 03-3542-2336(築地新店・茶の実倶楽部)
http://www.uogashi-meicha.co.jp/shop_02.html

・演奏の前 または後に お茶を一服どうぞ。 


目と耳がインスパイアされた瞬間を切り取り、自ら撮影した写真とともに書き下ろした曲、そして霧島留美子の絵画とのコラボレーション「nature circle」。これら要素を織り混ぜながら、それぞれのステージで異なる2つの世界を描いてみたいと思います。


また茶の実倶楽部では、とてもおいしい「うおがし銘茶」のお茶を出してくださるのですが、さらにお茶空間で、おいしいお茶の入れ方も伝授してくれます。

おだやかに時の流れる空間で、午後のひとときを。


2008年7月30日 (水)

付け合わせの妙

付け合わせの妙
ジューシーなハンバーグに炊きたてのごはんと具だくさんの味噌汁。
最高のご馳走です。

でも何かが足りない。

そう。
それは鮮やかな色合いの付け合わせだ。これが不可欠。

付け合わせの善し悪しで、メインディッシュの印象は、いかようにも変わってゆく。

でもこれはあくまでも、ハンバーグが美味しいという前提があっての事。

ならばその付け合わせが、ハンバーグをしのぐほどの存在感であったとしたらどうなるのか。


それって、芝居でも音楽でも、同じ事が起こり得る。


本当にいい脇役は、決して主役を食ってはならない。

そんなことを考えた日。

2008年7月21日 (月)

夏の牡蠣

夏の牡蠣
ツアーも残すところあと1日。

今回、ローディーをつとめてくれた宮崎さんの事務所近くのBistro蔵で打ち上げ。

牡蠣と山芋の揚げ出し。
やばいです。
北海道では夏でも厚岸の牡蠣が食べられるんだそう。

2008年7月20日 (日)

北海道ツアー5日目小樽「町の寿司」

北海道ツアー5日目小樽「町の寿司」
北海道ツアー5日目小樽「町の寿司」
ライブの前に食事をすませていた皆さんは、とても幸せそうでした。美味しいものって、本当に人を幸せなするのですね。


今回のツアーで唯一のエレピ。でも、全く気になりませんでした。

ほとんどの方が、私の演奏を聴くのは初めてのはず。それなのに、これまで何度も聴いてくださった人たちのように、至って自然に受け入れてくれました。

アンケートには「癒された」という書き込みを多く発見。でもむしろ癒されたのは、こちらの方かもしれない。一緒に時間を共有できた方々に感謝。


終演後、むちゃくちゃ美味しいお寿司を頂きました。ほっぺた落ちました。
ごちそうさまです。
合掌(・Θ・)/

深夜のおでん

深夜のおでん
普段の生活からは考えられないほど定期的にご飯タイムがやってくるし、なぜかライブの後って猛烈にお腹が空くので、一旦ツアーにでると大抵肥えて帰ってくることになる。

そして今回も例外ではない様子。


以下は札幌での話。
それにしてもよく食べた。朝定食に始まり、昼の蕎麦、ライブ前のチキンサンド、打ち上げで出された大好きなはらこ飯とジンギスカンについては、周囲の驚愕の目も気にせず一人でほぼ完食。かっかっか。

ここまで食べれば十分だ、と自分でも思いつつ、ホテルに帰ってから何となくふらふらコンビニへ。水とお茶を手にレジで順番を待っていたら、隣のレジでおでんを買っている人が目に入った。するとおでんカップを袋につめる店員の手に何やら見慣れぬ茶色いコブクロ…。必死でチラ見をすると「おでん用みそだれ」だって!大根とかこんにゃくの田楽みたいなのかなと興味津々。
気が付くと、こんにゃくとつくねを買っていた〓


よく分からないまま、辛子と味噌両方つけて食べてみました。

辛子と味噌の味だわ。

その他のカテゴリー

最近の写真