2021年2月 5日 (金)

「マタイ受難曲2021」配信のお知らせ

Ogimage_20210205221201
プレミア配信チケット
マタイ受難曲2021
日時:2021年2月21日(日)14:30配信サイト開場 / 15:00開演*
視聴チケット: ¥3,500(税込)
販売開始:2021年2月6日(土) 0:00
視聴期限:2021年3月7日(土) 23:59
ライブ配信時間:150分予定(変更になることもございます)
問合:GardenNotes Music@c:gnmusic
ご購入〜配信予定日当日までの流れ:1.チケットのご購入 →2.ご購入確定メールの送信→3.当日、ライブページにアクセス
*マタイ受難曲2021、2月21日(日)公演のみの配信となります。
**チケット購入ページは、発売開始の2月6日0時以降に公開となります。

「マタイ受難曲2021」 2/20公演の時間が変更になりました!


2x80 2x80_20210105011201


「マタイ受難曲2021」は、2013年から、作曲家でピアニストのshezooが、クラシック出身ではない、そのジャンルでの魅力に溢れる歌手、プレイヤーと共に、この作品の上演の準備を重ねてきました。


バッハが作曲したマタイ受難曲は、キリストが受難を迎える様を描いた情景の中に、あまりにも美しい音楽が溢れた作品です。

今回はその原作案から、神の見えない手に翻弄される今の社会を生きる私たち一人一人こそが受難者であることに目を向け、新たなプロットで展開します。
案内役であるエヴァンゲリストには、原作指定の歌手ではなく、二人の実力派女優を配し、日本語でストーリーをお届けします。

なお、遠方の方、外出が難しい方にもご視聴いただけますよう、配信もございます。

2月20日がどのような世界になっていたとしても、しっかりと感染防止策をして、ご堪能頂けるものを創って参ります。

🍀
日時:2月20日(土)16:15開場、17:00開演(時間が変更になりました!)
   2月21日(日)14:15開場、15:00開演
料金:前売4,800円、当日5,300円(全席指定、税込)
予約:岩神六平事務所 
   イープラス 
※5歳以下の入場不可
※客席は150名以下(定員の半分以下)での公演とし、前後左右1席ずつ空けた配席となります。新型コロナウイルス感染症防止対策を講じての開催となります。
配信:プレミア配信チケット
マタイ受難曲2021
日時:2021年2月21日(日)14:30配信サイト開場 / 15:00開演*
チケット販売:https://twitcasting.tv/c:gnmusic/shopcart/49963 **
視聴チケット: ¥3,500(税込)
販売開始:2021年2月6日(土) 0:00
視聴期限:2021年3月7日(土) 23:59
ライブ配信時間:150分予定(変更になることもございます)
問合:GardenNotes Music@c:gnmusic
ご購入〜配信予定日当日までの流れ:1.チケットのご購入 →2.ご購入確定メールの送信→3.当日、ライブページにアクセス
利用ガイド:https://twitcasting.tv/img/shop/premier_listener_guide_202012.pdf
*マタイ受難曲2021、2月21日(日)公演のみの配信となります。
**チケット購入ページは、発売開始の2月6日0時以降に公開となります。
[出演] 
西田夏奈子(エヴァンゲリスト、語り)
千賀由紀子(エヴァンゲリト、語り)
石川真奈美(歌)
松本泰子(歌)
行川さをり(歌)

Noriko Suzuki(歌)
shezoo(指揮・ピアノ)
西田けんたろう(ヴァイオリン)
中瀬 香寿子 (フルート)
寺前浩之(バンドリン)
土井徳浩(クラリネット)
田中邦和(サックス)
佐藤 桃(チューバ)
木村秀子(キーボード)
酒井康志(ボーカロイド・オペレーション)
※ 「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
※出演者は変更となることもございますので予めご了承下さい。
[スタッフ]
企画・編曲・音楽監督:shezoo
舞台・進行:岩神六平&小川裕
PA:幅野 幸美
配信・録画・録音:きのえつよし(GardenNotes Music)
照明:三嶋聖子 
写真:永島麻実
デザイン:鈴木麻衣

企画・編曲・音楽監督:shezoo(シズ)
主催:岩神六平事務所
共催:(公財)江東区文化コミュニティ財団 / 豊洲文化センター
制作協力:ジャムライス
制作協力:横浜エアジン うめもと實

2021年1月 5日 (火)

2021年が明けました

Img_0354

昨年は、カズオイシグロさんの「わたしを離さないで」、草なぎ剛さん主演の映画「ミッドナイトスワン」にずっと揺さぶられていました。
トドメは大好きな人が「shezooちゃんは給水塔が好きだから」と送ってくれたクリスマスプレゼント、フジモトマサルさんの「二週間の休暇」。


生きることの意味を考えていた一年でした。


そして今年、2月に上演するバッハのマタイ受難曲に新たなプロットを織り込んだ「マタイ受難曲2021」には、そんな思いをたくさん込めて🍀