« 2021年8月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月 7日 (火)

Eternal flame 『Memoria eterna 〜永遠の記憶〜』コンサート

ふたりの熱い音楽の炎と、魂が揺さぶられて生ずる炎。
それは、燃え尽きる炎ではなく、決して消えない光。

日時:2022年1月10日(月・祝)
   14:00開場/14:30開演
  (1回上演に変更となりました)
会場:Hall 60 ホール・ソワサント
   東京都渋谷区神宮前6-34-14
   地下2階 原宿表参道ビル
   明治神宮前〈原宿〉駅から徒歩1分
チケット:前売5000円/当日5500円
予約・お問合:
   dolci_accenti@yahoo.co.jp (アン・メサージュ)
   03-5944-5157 (オフィスサワイ)
主催:アン・メサージュ
協力:オフィスサワイ
イベントページ:https://fb.me/e/1uLRakQba
出演:Eternal flame エターナル・フレイム
   高橋美千子(soprano)
   shezoo (composer, pianist)


Eternal flameは、こちらから無料視聴いただけます。



🔥Eternal flame エターナル・フレイム🔥
ソプラノ高橋美千子とコンポーザーピアニストshezooによるデュオユニット、Eternal flame。
出会いは、高橋がアンサンブル・プラネタの歌手、shezooがアウラの編曲家として活動した時期に遡る。ふたつの姉妹関係にあるアカペラグループを通して互いの存在を強く認識しながらも、高橋は演奏活動を深めるため渡仏、shezooはメディアへの音楽制作、ライブシーンでの活動、それぞれの道を歩んでゆく。
コロナ禍の2020年、高橋はshezooの作品「Moons」に感銘を受け自身の古楽ユニット《たまひび》で歌い、shezooは高橋の舞台映像を見て衝撃を受ける。
2021年。shezooがバッハのマタイ受難曲をベースに今の世界を描く「マタイ受難曲2021」の上演を通してのやり取りから、互いのデュオへの可能性を模索し実現した横浜エアジンでのデュオライブ。ここで2人はこれまで感じたことのない大きな共鳴を互いに受けることとなる。
shezooのピアノが描く壮大な世界観に支えられて、古楽、現代、民族音楽、オペラと幅広く歌う高橋の表現がshezooの歌曲、さらには器楽曲までにも命を吹き込む。2人がなし得る全ての世界を「永遠の炎」「闇を照らす智慧の光」にたとえ《Eternal flame》と名付けた。
Photo_20211207211701 Photo_20211207211702

DVD「マタイ受難曲2021」発売中

2021年2月豊洲シビックセンターホールで上演された バッハの大曲「マタイ受難曲2021」。
作曲家・ピアニストshezooがエヴァンゲリスト役の役者、様々なジャンルのミュージシャンたちとともに、今に生きる者の新たな視点で上演した演奏会のDVDは絶賛発売中です。

マタイ受難曲2021 Matthauspassion2021(初回限定版) [DVD]
B09lv16tprmain




« 2021年8月 | トップページ | 2022年1月 »