« 2021年4月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月23日 (水)

「手段と媒体」あるいは「記憶と憧れ」

音楽は、己を表現するひとつの手段かもしれない。それを手段ではなくて、自分の届けたいなにかを伝える、どこかに連れて行ける媒体になり得ないのか。

そんなことをずっと考えています。


そしてその答えを示唆してくれたかもしれない3人のクリエータに感謝して書き残します。

憧れと記憶が滲みだしてゆく。


中家 春奈。リヨンに住んでいてヴィオールとクラヴサン、中世フィドルを弾いているいるとのこと。

中家さんが震災から10年目によせて作曲された「Se souvenir avant le 11 mars 2011 」の動画。

https://youtu.be/RlTOFpqeOgY・


Riquo Kuu。作詞作曲をし、自分で歌い弾く人。

以前対バンライブで演奏されているのを聴いて吸い込まれそうになり、思わず買い求めたアルバム「The Twin Pianos」。

https://youtu.be/QkHI38ZknI4


音楽帳工房。DTMで作品を制作しているアレンジャー。

古楽おそるべし、大きな衝撃を受けたマラン・マレ作曲「膀胱結石切開手術図」にチェンバロ伴奏をつけてアレンジ、キャプション付きの動画。

説明付きのnoteはこちら

https://note.com/ricercar/n/n90d0051a0843

動画のみはこちら

https://youtu.be/tudSD6RSip

2dd737189ae5444ba9cb9b9902f5139bF954b81ae1904b69a3fa6cad1823b71dD73ba20d8b5343eea19d08ba197603f9

【七つの月 2021】

作曲家・ピアニストのshezooが、7人の歌手と彼らの愛すべきミュージシャ ンと共に、横浜の老舗ライブハウス・エアジンで毎夜ライブを繰り広げる7 日間。

2021年9月

18(土)「鏡の中の月」松本泰子、太田惠資 ゲスト:ゲレン大嶋

19(日)「うつしえの月」初音ミク、酒井康志

20(月祝)「桃あル月」蔵田みどり、竹内理恵

23(木祝)「分点の月」Noriko Suzuki、田中邦和

24(金)「夢を遡ると月」柴田暦、桑野聖

25(土)「水面に揺れる透明な月」石川真奈美、藤野由佳

26(日)「深淵に棲む鳥たちの月」Ayuko、(夜の音楽)加藤里志、立岩潤

時間:18時開演(最終日9/26のみ17時開演) 開場は開演30分前

場所:横浜エアジン

   横浜市中区住吉町5丁目60-4F(馬車道通り)

店内ライブ:予約¥3000 当日¥4000 +1Drink(配信合言葉付)

045-641-9191 https://airegin.yokohama/contact.html 

☆予約席が完売の時点で当日券は販売致しませんので、ご注意下さい。

ライブ中継&配信チケット:¥2000(3週間見放題) 

https://umemotomusica.stores.jp/


flyer

artwork by Mariko  Tanigawa

design by yamashin


4ac0e86d35e44fff8df66f1e327c94c9Ae74cf15d0ce491ca7276c5089ca0bed

2021年6月16日 (水)

「みみたぼ(石川真奈美&shezooデュオユニット) 山猫音楽会」guest北沢直子

石川真奈美さんのうたを聴かせて頂き、どうしても一緒に演奏をしたくてデュオのライブをお願いしたのが今から4年前。それ以来、2人で粛々とライブを重ね、今年デュオユニットを《みみたぼ》と命名しました。

当初はスタンダードをやったり試行錯誤しながら、2人のオリジナル曲も着実に増やし、それは今年2月に上演されたマタイ受難曲2021でクライマックスに真奈美さんによって歌われる「Mache dich mein herze rein」へとつながることとなりました。

そして今週の土曜日6/19は、待ちに待った越生山猫軒での「みみたぼ 山猫音楽会」が開かれます。

ゲストには、情熱的でハートフル、素晴らしいフルート奏者、大北沢直子さんをお迎えします。

いつも大切に演奏している大好きな曲たちが、越生の森の中で、山猫軒の空間の中で、どんな表情を見せてくれるのか、どんな音が聴こえてくるのか。

きっと虫や鳥たちも、音楽会を心待ちしているに違いないと思うのです。

都心の喧騒を離れ、美しい自然の中でのひとときを過ごしに、ぜひお出かけください。

■6月19日(土)

 越生 山猫軒

 https://www.yamaneko.info

 TEL 049-292-3981

 埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷137-5

 ・18:00~

 ・music charge ¥3000(予約) ¥3500(当日)

 ・【みみたぼ】shezoo(p) 石川真奈美(vo)

   guest 北沢直子(fl)

● ご予約は山猫軒、またはshezooへのDMでお願い致します。

●会場までの足にご不安の方はshezooまでDMでお問い合わせください。

Add99d52d54746bc87567bfc4e3232c8

砂漠の狐とマタイ受難曲2021

〈砂漠の狐〉

行川さをり(vocalvoice)

田中邦和(sax

shezoo(作編曲/piano


今年2月に行われたマタイ受難曲2021。バッバやマタイを限られた人たちのものにしない、クラシックやキリスト教とは縁遠い人たちにもその美しさを知ってほしいとの思いでお届けしたコンサート。

その中でもひときわ光っていた行川さをりさんの魅惑ボイスによる語りとうた、そして田中邦和さんのジャズアプローチsax。

あれは決して偶然ではなく、さをりさん、邦和さんとのユニット、砂漠の狐が粛々と育ててきた音楽が実った果実であったと感じています。

さをりさんと邦和さんとshezooで何をやるんだろう、どんな音楽?

さをりさんのA.C.Jobim、邦和さんのKennyWheeler、shezooのオリジナルなど、それぞれのフィールドに砂漠の狐でしかお聴き頂けないさをりさん、邦和さんによるJ.S.Bachを加えたサウンドを砂漠の狐はお届けします。

そんな砂漠の狐のライブが今週の日曜日6/20、渋谷のLi-poで行われます。今回は、J.S.Bachの人間の生そのものに迫るような音を静かに物語る時間にできたらと思っております。

東京もようやくの梅雨入り。静かに渋谷の街を見下ろす大人の空間、Li-poには初めての出演となります。配信はありません。そっと足を運んで頂けましたら幸いです。

🐌

2021.6.20(日曜日)砂漠の狐Live

14:30開場 15:00 開演

予約¥3500・当日¥4000(+別途オーダー)

Li-Po http://li-po.jp


●ご予約・お問い合わせ

http://li-po.jp/?page_id=5385

*もしくは、直接メッセンジャーでshezoo宛にご連絡ください。


●FBページ

https://fb.me/e/2fBWRWQa6


●砂漠の狐ライブ音源

https://m.soundcloud.com/shezoomusic/a-time-for-love?ref=clipboard&p=i&c=0&utm_source=clipboard&utm_medium=text&utm_campaign=social_sharing

*東京都の緊急事態宣言の延長に伴い、バー営業はお休みされており、喫茶のみご利用いただけます。また、コロナ感染予防対策として、ご入店の際は必ずマスクの着用をお願いいたします。

4949afd76cce49ed95741739375c094f

856bd72524934ddfab5d8189e3775bc4

2021年6月13日 (日)

紙芝居「ちっちゃいこえ」と松本泰子さんと太田惠資さんのこと

Img_3094
大好きな映画「河童のクゥと夏休み」太田惠資さんのバイオリンに何度涙したことだろう。
斎藤徹さんのオペリータ「うたを探して」松本泰子さんのうたに心が震えた。
脚本を書いたアーサー・ビーナードさん自身が読む紙芝居「ちっちゃいこえ」を初めて見た時、わたしはどうしてもこの二人とこの作品を上演したいと思いました。

昨年1月に山猫軒で初演したこのプロジェクト、その時は紙芝居「ちっちゃいこえ」を通して戦争や原爆の悲惨さを伝えたい、という気持ちで臨んだ上演でした。
でも今回は、同じ題材であるのに、そこにあったのは、それらを突き抜けた「生きる」ということ。
それを私たち演者が感じ、描き、お聴きくださったみなさんも同じように感じていたと...。

生まれゆくことば、生まれくる音、様々な思いが交差する時間でした。

今回、この思いを叶えてくれたブールマン吉岡さん、足を運んでくださった皆さん、配信をお聴きくださった皆さん、そして共演をしてくれたお二人に心から感謝します。

このライブの配信は、6月19日 (土) 23:55までどなたでもご視聴いただけます。
そしてもし、何かを受け取ってくださいましたら、ぜひ投げ銭サポートをお願いいたします。
配信動画
https://www.youtube.com/watch?v=tjNVLzXI9HQ&t=2880s
投げ銭サポート
https://cafebeulmans210612a.peatix.com/

2021年6月11日 (金)

音で語る紙芝居「ちっちゃいこえ」@カフェ・ブールマン

Img_3035 Img_3034 Img_3047 Img_3046

今週末6/12土曜日は、音で語る紙芝居「ちっちゃいこえ」@カフェ・ブールマン成城学園カフェ・ブールマン。

昨年一月、静かに雪の降り積もる山猫軒で、歌の松本泰子さん、バイオリンの太田惠資さん、ピアノshezoo、3人の語りと演奏によって上演されました。
泰子さんのうた、太田さんの深いバイオリンの音、語り。越生の森の優しさにも包まれて、平和であること、命の大切さを必死で表現したのだけれど、わたし自身はあの時、どこか人ごとのように、少し上からの目線で作品のメッセージを伝えていたのかもしれない。

あれから一年半、わたしたちを取り巻く社会にも、わたしたち自身にも、大きな変化が訪れました。
今、改めて「ちっちゃいこえ」を読み返し、そこにある命の意味、大切なものの意味が、自分の中であの時とは確実に異なっているのを感じています。
それがなんであるのか。

今回はこのプロジェクト、最後のライブとなります。
配信もありますので、いつ、どこからでもご参加いただけます。
この社会情勢の中、ぜひにとも言いづらいのも事実です。
でも、このライブで3人が感じ描く世界を、伝えたい事実を、演者と同じ空気の中で感じ取ってほしいのです。
お席が限られています。ご予約はお店、またはこのブログへのコメントでも大丈夫です。


ネコが語ります。家族のこと。ひたすらいのちをつくりつ づける体の中のちっちゃい声のこと。 ヒロシマの生き物たちには何がふりかかったのか? わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から、ひびいてくるそのこたえに、ひとりひと り、耳をすます紙芝居「ちっちゃいこえ」。 まずは、その声に耳を傾けましょう。 その声に耳をすまし、うたとバイオリンとピアノが共に奏 でます。そして音は何かを語り始めます。

 


音で語る紙芝居「ちっちゃいこえ」@カフェ・ブールマン
日時:6月12日(土)13:00open / 13:30start
場所:成城学園カフェ・ブールマン
   世田谷区成城6-16-5カサローザ成城2F
料金:¥3,700 +2オーダー
予約問合:03-3484-0047
info.cafebeulmans@gmail.com
配信:cafe Beulmans LIVE streams [ カフェ ブールマン ]
出演:
松本泰子(vo,朗読)
太田惠資(vl,朗読)
shezoo(p,朗読)

脚本・アーサー・ビナード 絵・丸木俊/丸木位里 「原爆の図」より(童心社)
https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php

« 2021年4月 | トップページ | 2021年7月 »