« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月13日 (水)

「25次元空間の入り口で考える猫たち」映像がアップされました

ライブ映像がアップされました。


「25次元空間の入り口で考える猫たち」
”at the entrance to the 25-dimenshon, the cats to think"


荒井皆子/ARAI Minako(Voice & percussion), Shezoo(piano) 
2014/07/26 @『 inF』(インエフ

2014年8月10日 (日)

20140903「25次元空間の入り口で考える猫たち」荒井皆子(Voice)・Shezoo(piano) DUOライブ

「25次元空間の入り口で考える猫たち」

荒井皆子(Voice)・Shezoo(piano) DUOライブ

Shezooscats_4

「25次元空間の入り口で考える猫たち」シリーズ第2回。

あらゆるジャンルを飛び越え、色彩と映像の見える音楽、細胞と心に浸透する音楽を追究する「インストゥルメンタルメガ・ピクセル・ヴォイス・プレーヤー」荒井皆子と さまざまなジャンルを超えて活動する作編曲家・ピアニスト、shezooシズとのデュオ。

他では決して味わえない密度の濃い空間を、ぜひ体感しにいらしてください!

【日時】9月3日(水)20:00-

【場所】大泉学園・インエフ 西武池袋線「大泉学園」北口徒歩5分

【問合】03-3925-6967

【料金】2,500円(+オーダー)

~~~ 前回ライブアンケートより ~~~

聴いてくださった皆さん、どうもありがとうございました。

「聴いていて異次元に連れて行かれるような不思議な感覚。皆子さんのオリジナル「夢見の時」は、何かの映画のサントラを聴いているような感じでした!!何かすごかった。言葉で表せない。ピアノもすごいけど、人の声もまたすごい。ただただ凄かった。」(O.Yさん 女性)

「人間の声がこんなに深く五感に訴える物であることを、初めて感じました。ピアノ素晴らしかったです。」(Y.Yさん 女性)

「音の幅の深さ、場数を踏んだアドリブ、どれも驚く事ばかりでした!小楽器のパーカッシヨンがまた面白かったです。ピアノの迫力がすごく技術の高さを感じました。」(U.Yさん 女性)

「2ステージ目からでしたが、とても充実した時間を過ごせました。in F 居心地良くて好きです。」(N.Aさん 女性)

「自然体のハイテクニックを堪能できた。けれんみ無く繰り出される音楽は恐ろしく複雑で、すっきりと耳へ滑り込む。予想以上にインプロ要素たっぷりのライブだった。もっとかっちりした譜面もののライブかと思ってたら、意外な展開だった。そうとうにアバンギャルドで美しさ満載。二人のアイデアで充実したライブだった。また聴いてみたいな。」(Tさん 男性)

2014年8月 2日 (土)

20140808トリニテ・ライブ@公園通りクラシックス -そこからは架空世界の音楽が立ち現れる-

B_3

今回はまだタイトルを決められずにいる4つめの組曲への新曲、『月の歴史』からLunaをリアレンジしてお届けします。
新メンバー2回目のライブ。トリニテはどこに向かっているのでしょうか。

アコースティック•クァルテット、トリニテ。
19世紀的黄泉の濃厚な香りに包まれた端正かつメランコリックな楽曲は、同時に南米的破調と熱狂、あるいは近未来の退廃的な世界を孕みながら、アントニオ・ガウディの建築物のように、その表情を未完のまま刻々とドラマティックに変化させていく。


出演:Trinite  shezoo(pf)、壷井彰久(vl)、小森慶子(cl)、小林武文(per)
日時:8/8(金) 19:00open 19:30start
場所:公園通りクラシックス
東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F
料金:前売¥3500、当日¥4000、学生¥2000
問合:info@trinite.me



« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近の写真