« shezoo unit マタイ受難曲@横濱エアジンに来てくださった方に | トップページ | TOKYO FM 9月29日/物語の始まり~Triniteのprayer 田中美登里さんの番組「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」MUSICBIRDでいっぱい話してきました »

2013年9月 3日 (火)

卑近であるということ

Photo_3

否定をされることが、自分のすべてではなくて、それも糸口に建設的に上昇するべきなんだよ。

でも、作曲をする人間にとって、音楽を否定されることは、全面的な自己否定に限りなく近い。

20代の時に言われた『あなたの音楽はだめな音楽』を自分はどうも引きずっているらしい。

どうしてそんなに卑屈なのと聴かれても、ダメな音楽をやっている以上、基本は提供した音楽を演奏して頂く、というすこし離れた関係性でプレイヤーと関わって来た気がする。

それでも音楽が限られた人間だけのものではないと信じて、シニフィアン・シニフィエやマタイのプロジェクトを立ち上げた矢先、ライブという同じ立ち位置にたっていながらも、いつも不安だったわたしに答えを出してくれた人がいる。





              シズさんの音楽が、結果的にステージ上と客席に明らかな
              ヒエラルキーを感じてしまったのは私だけでしょうか。






ありがとう。
そして、さよならわたし。さよなら。   

« shezoo unit マタイ受難曲@横濱エアジンに来てくださった方に | トップページ | TOKYO FM 9月29日/物語の始まり~Triniteのprayer 田中美登里さんの番組「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」MUSICBIRDでいっぱい話してきました »

Musik」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070666/53126688

この記事へのトラックバック一覧です: 卑近であるということ:

« shezoo unit マタイ受難曲@横濱エアジンに来てくださった方に | トップページ | TOKYO FM 9月29日/物語の始まり~Triniteのprayer 田中美登里さんの番組「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」MUSICBIRDでいっぱい話してきました »

最近の写真