« 20130629シニフィアン・シニフィエ@インエフ | トップページ | 音楽が博奕だということを理解してもらうために »

2013年6月24日 (月)

写真がうつしだすもの

シニフィアン・シニフィエ4/29@インエフのフライヤーは、トリニテ5/10@新世界と同じく
写真家の坂中雄紀さんの作品をもとにデザインされた。

Web_dm0510_4

Web_dm0629_4


写真も、書く文章も、考え方もとてもすてきな人。
そしてとてもやわらかな人。



はじめてあったときの言葉は
何もないところ いいです
だった。


最初は気づかなかったけれど
彼はわたしのブログのことを言っていた。


そう言われて
改めて読み返す。


 

人に与えられた何かを確かめに行くのではなく、自分が行きたいところで時間を過ごす。

何もなくていい。何もないところで、もし自分が何か見つけたとしたならば、それはそれで嬉しかったりする。たとえ見つからなくても、何もなくても、そこで過ごした時間は自分の中に残る。

何もないところ





そして彼の作品を見て
その言葉がなにを意味していたのか
少しわかったような

写真がうつしだすもの。






坂中雄紀 http://sakanaka-yuki.tumblr.com/

« 20130629シニフィアン・シニフィエ@インエフ | トップページ | 音楽が博奕だということを理解してもらうために »

existence」カテゴリの記事

photo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真がうつしだすもの:

« 20130629シニフィアン・シニフィエ@インエフ | トップページ | 音楽が博奕だということを理解してもらうために »

最近の写真

  • _mg_8772
  • 20190707
  • _20190802
  • Puis__20190623154201
  • Photo_20190623154301
  • 52361884_372281266837164_245435505409471
  • 65872248_2839631159411225_49946350564094
  • Photo_20190804121201
  • Photo_20190804150001
  • 67467115_2395168130755932_88677805790435
  • Ura
  • Omote