« Two permil 〜千の音色でつなぐ絆 ヴァイオリンプロジェクト〜 | トップページ | 灰の静脈 »

2013年2月15日 (金)

網膜襦袢

Did_2

あたりまえがあたりまえでなくなることを経験した私たちは
あたりまえの大切さを痛感したはずだった
でもまた、それがあたりまえになって
あたりまえの毎日が続くようになったら
それはまた、当然なんだから
有り難くなくなっちゃうのだ




まっくらやみのエンターテイメント
ダイアログインザダークに参加する

初めてのくらやみは
ただ見えないというだけで
ものすごい不安を覚えた
さっきまでと何も変わっていない
ここが日本であることも
今日が今日であることも
自分がDIDに参加していることだってみんなわかっている
そう思えた時、少し冷静になれて
眠っていた感覚が少しずつ働き始めた
そばにいる人の鼓動
いきなり触れたものにびっくりして
ちょっとした温度の変化や
漂う匂いからでも
少しでも多くの情報を得ようとする自分に気づく




なぜ「見た」ということだけで安心してしまうのだろう
人類が月に着陸した映像だって
もしかしたら地球のどこかで撮影したのかもしれないとか
湾岸戦争の爆撃戦だって
本当はCGなのかもしれないとか
いや、実際に「見た」と認識している現実ですらも
真実ではないのかもしれない

それよりもむしろ
暗闇の中、肌や気配で感じた記憶の方が
自分の確かな事実として記憶していける気がする


あたりまえの光の世界に戻るときには
入り口で渡された杖の存在が
必要なものではなかったことを知った



これが3回目となった今回は
はじめから妙に暗闇に慣れている自分がいた
暗闇があたりまえになってしまったから
それとも自分は経験者ですという見栄から

もっとひとつひとつの感覚をていねいに
人の眼を気にしないで
感じることを楽しめば良かったのに



http://www.dialoginthedark.com/

« Two permil 〜千の音色でつなぐ絆 ヴァイオリンプロジェクト〜 | トップページ | 灰の静脈 »

Idee」カテゴリの記事

existence」カテゴリの記事

3.11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網膜襦袢:

« Two permil 〜千の音色でつなぐ絆 ヴァイオリンプロジェクト〜 | トップページ | 灰の静脈 »

最近の写真

  • _mg_8772
  • 20190707
  • _20190802
  • Puis__20190623154201
  • Photo_20190623154301
  • 52361884_372281266837164_245435505409471
  • 65872248_2839631159411225_49946350564094
  • Photo_20190804121201
  • Photo_20190804150001
  • 67467115_2395168130755932_88677805790435
  • Ura
  • Omote