« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

うすあかりの国

Img_8805_2_2

死とは
それはここからいなくなる
つまり
不在になるということ

うすあかりの国の上演に寄せて、構成と演出の櫻井拓見はこう書いている
「宮澤賢治自身が早世した妹「トシ子」の不在を追いかけたように、電信柱が息づくのを見たように、いまの私の「生」がいったいどこに宿っているのか〜再確認する試み」
「彼があと十数年長く生きていたら、例えば、あの大きな戦争の「あとの日本」を経験していたら、どんな見えないものを見て、どんな聴こえない音を聴いていたのか」





特別なストーリーも役名も持たないこの芝居は、ミニマル音楽によく似ている
だれが主役でもなく、どの楽器がメロディーなのでもない
それぞれが同じフレーズを繰り返す、同じ動きを繰り返しながら、少しずつその形を変えていく
気がついたときには別のものになって、別の場所にいる

うすあかりの国で繰り返されるひとつひとつには、必然があった
ダイナミックな起承転結がない分、単調な「繰り返す」という行為の中で、自分を見つめる眼、見つめ返す時間が生まれる
そしていくつもの「繰り返す」がひとつの層のうねりとなって行きつく先、出口の見えないトンネルの中を蠢き彷徨ったものがたどりつく先には、ひとすじの光が差し込む



聴こえない音、見えないもの
他の誰にも聴こえなくても、見えなくても
その人にだけ聴こえている、見えているものがあるはず
それが何であるのか


自分の「不在」
そして自分にとっての「生」
うすあかりの国で生きるいま
それが何であるのか





                       「うすあかりの国」 宮沢賢治 ひかりの素足より

2013年2月20日 (水)

灰の静脈

1

ずっと自分の中に鳴っている音があった

何かしているときも、何もしていないときも
それは聞こえたり、聞こえなかったり、
すごく漠然と
でも存在していた


ある時
何もしない、
あるいは何もできない時期が続いて
薄くひらべったくなった自分の中に
ボコボコと瘤のように
異物を感じた
忘れてかけていた音


衛星脳細胞として
音を具現化することは
決してつまらないことでも
いやなことでもない
むしろそれはそれで面白く
反応は顕著だからやりがいはある
でもたぶん
その才能がないんだ



いいもの作っても売れない
この言葉を何度も聞いていた
いいものと売れるものは違う
違う?
いいものはだれにとって「いい」のであり
売れるものだれにとって「いい」ものなのか

霞を食べては生きていけない
でも今なら
霞だけでもいい気がする

作っても売れない音楽を作る
そこに価値を見いだすのが
誰なのかはわからないけれど








                              photo by ニカモトハンナ

2013年2月15日 (金)

網膜襦袢

Did_2

あたりまえがあたりまえでなくなることを経験した私たちは
あたりまえの大切さを痛感したはずだった
でもまた、それがあたりまえになって
あたりまえの毎日が続くようになったら
それはまた、当然なんだから
有り難くなくなっちゃうのだ




まっくらやみのエンターテイメント
ダイアログインザダークに参加する

初めてのくらやみは
ただ見えないというだけで
ものすごい不安を覚えた
さっきまでと何も変わっていない
ここが日本であることも
今日が今日であることも
自分がDIDに参加していることだってみんなわかっている
そう思えた時、少し冷静になれて
眠っていた感覚が少しずつ働き始めた
そばにいる人の鼓動
いきなり触れたものにびっくりして
ちょっとした温度の変化や
漂う匂いからでも
少しでも多くの情報を得ようとする自分に気づく




なぜ「見た」ということだけで安心してしまうのだろう
人類が月に着陸した映像だって
もしかしたら地球のどこかで撮影したのかもしれないとか
湾岸戦争の爆撃戦だって
本当はCGなのかもしれないとか
いや、実際に「見た」と認識している現実ですらも
真実ではないのかもしれない

それよりもむしろ
暗闇の中、肌や気配で感じた記憶の方が
自分の確かな事実として記憶していける気がする


あたりまえの光の世界に戻るときには
入り口で渡された杖の存在が
必要なものではなかったことを知った



これが3回目となった今回は
はじめから妙に暗闇に慣れている自分がいた
暗闇があたりまえになってしまったから
それとも自分は経験者ですという見栄から

もっとひとつひとつの感覚をていねいに
人の眼を気にしないで
感じることを楽しめば良かったのに



http://www.dialoginthedark.com/

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近の写真