« 歌に引き込まれる瞬間 | トップページ | 上野は上野〜表現の自由 »

2012年9月 5日 (水)

ヴィヴィアン佐藤の宇宙

20120904_165624


アルバム「prayer」の制作にあたって、最終的には全部自分でやることになった中で、発売を控えて最も困ったのはデザイン関係だった。

誰にも相談できず、ぎりぎりの中で、作品のイメージを広げてくれると感じたアーティスト、ヴィヴィアン佐藤さんに、ジャケットに作品を提供して頂けるように直接、完成前の音源を渡しにいった。
二日後、ご連絡を頂き、prayerに賛同頂いたことから、アルバムのデザインが構築されることになった。

打ち合わせの際に、束のようなノートを見せてもらった。
そこには星の数ほどの非建築としてのアイデアが鏤められていた。
その宇宙をどう表現しても、言葉には足らなくて、日々に流されている。




でも、その事実を昨日改めて確認することができたPass the batonの展示へ行ってきた。

『DIE PERSPEKTIVE ALS‘SYMBOLISCHE FORM’<象徴形式>としての遠近法』


とにかく、展示の脇に貼ってある手書きのスケッチの魅力。


織物を始めたという事実も、惑星のことも、楽器のことも。




歯車
互いに影響しながら動き続けるさま。
スケッチから、作品に至るまで、音楽的な表現としてのクラスターやグリッサンド、モアレの様に動き続ける
生命体を感じさせます。

ガラスに貼られた三つの作品♪



VIVIENNE SATO solo exhibition
「DIE PERSPEKTIVE ALS 'SYMBOLISCHE FORM'[象徴形式]としての遠近法]」
会期:2012年8月30日(木) ~ 9月23日(日)
会場:PASS THE BATON GALLERY(表参道店内)
住所:渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F
TEL:03-6447-0707
営業時間:11:00~21:00(日・祝 11:00~20:00)

「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT SPECIAL LIVE & TALK SHOW」
日時:2012年9月8日(土) 18:30~ LIVE、19:00~20:00 TALK SHOW
会場:PASS THE BATON OMOTESANDO
ゲスト:ヴィヴィアン佐藤氏 × 野宮真貴氏 × 冨沢ノボル氏
ライブ:代官山王国(多治見智高・ヴァイオリン/藤井琢也・アコーディオン/祖父江太佑・アコースティックギター)
司会:遠山正道(パスザバトン代表)

« 歌に引き込まれる瞬間 | トップページ | 上野は上野〜表現の自由 »

Kunst」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴィアン佐藤の宇宙:

« 歌に引き込まれる瞬間 | トップページ | 上野は上野〜表現の自由 »

最近の写真

  • _mg_8772
  • 20190707
  • _20190802
  • Puis__20190623154201
  • Photo_20190623154301
  • 52361884_372281266837164_245435505409471
  • 65872248_2839631159411225_49946350564094
  • Photo_20190804121201
  • Photo_20190804150001
  • 67467115_2395168130755932_88677805790435
  • Ura
  • Omote