« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月 8日 (土)

上野は上野〜表現の自由

X4vvcwezj6o6uope0shiy3pj8_poez0d7c

東京芸大の藝祭に行ってきた。
http://www.geidai.ac.jp/life/geisai/2012.html


まずは神輿。

嬉しいほど暑い中、上野公園の中央広場に次々と神輿が入ってくる。
当たり前だけど、作品のクオリティーは高いのだろうな。
たとえば、日本画の学生が創ったカエルの後ろ姿、ふんどしをしめたお尻となびく衣には思わずふへー。


結局大賞をとったのは、これまでの神輿にはなかった宇宙飛行士のフィギュアを宇宙に飛ばすという、アイディアが評価された建築の作品だった。

10年前から参加したというスポンサーからは「自分たちの参加以降に設立された科。最初は風船を持ってパレードに参加していた皆さんが、こんなにすばらしい神輿を創れるようになったのが嬉しい(実はエア神輿だったという話もちらほら)」という評価で、先端も受賞。
過去の作品を見れば、これまでの「神輿」という概念にとらわれていた考え方を、ヒンズー教の哲学に結びつけたことは、先端芸術科の意味が少しずつ浸透してきていることなのかもしれない。


気になったのは、TwitterのTLに、音環の学生が夏中制作に協力したのに先端の神輿としかの扱いになっていることへの発言があったこと。
他の音楽学部の生徒もそう思っているの?
確かに音環は他の音楽学部とは違う位置なのだろうな。
ピアノ科の生徒が、ハリボテののり付けを酷暑の中やっているとは間違いなく思えないから。





それにしても音楽棟は静かだ。(そもそも藝大自体がとってもお行儀がいいんのだけれど。)
ふだんはその辺で行儀悪く練習してる人たちって普通にいるのかな。
音楽は美術と違って、受け手がスイッチを入れなければ末端を届けることすらできないんだから、もっとゲリラみたいな人たちがわらわらいてもいいのに、と思ったり。


たくさんの才能や可能性、アートのフラグメンツと出会えた中、改めて、伝わらなければ表現媒体ではないと確認できた時間だった。





タブーの下にエネルギーが吹きだまるという、ミック板谷さんの言葉がぐるぐる。
11月2日からの多摩美の芸祭が、今からすごく楽しみになっている。
http://tau-geisai.com/theme.html

2012年9月 5日 (水)

ヴィヴィアン佐藤の宇宙

20120904_165624


アルバム「prayer」の制作にあたって、最終的には全部自分でやることになった中で、発売を控えて最も困ったのはデザイン関係だった。

誰にも相談できず、ぎりぎりの中で、作品のイメージを広げてくれると感じたアーティスト、ヴィヴィアン佐藤さんに、ジャケットに作品を提供して頂けるように直接、完成前の音源を渡しにいった。
二日後、ご連絡を頂き、prayerに賛同頂いたことから、アルバムのデザインが構築されることになった。

打ち合わせの際に、束のようなノートを見せてもらった。
そこには星の数ほどの非建築としてのアイデアが鏤められていた。
その宇宙をどう表現しても、言葉には足らなくて、日々に流されている。




でも、その事実を昨日改めて確認することができたPass the batonの展示へ行ってきた。

『DIE PERSPEKTIVE ALS‘SYMBOLISCHE FORM’<象徴形式>としての遠近法』


とにかく、展示の脇に貼ってある手書きのスケッチの魅力。


織物を始めたという事実も、惑星のことも、楽器のことも。




歯車
互いに影響しながら動き続けるさま。
スケッチから、作品に至るまで、音楽的な表現としてのクラスターやグリッサンド、モアレの様に動き続ける
生命体を感じさせます。

ガラスに貼られた三つの作品♪



VIVIENNE SATO solo exhibition
「DIE PERSPEKTIVE ALS 'SYMBOLISCHE FORM'[象徴形式]としての遠近法]」
会期:2012年8月30日(木) ~ 9月23日(日)
会場:PASS THE BATON GALLERY(表参道店内)
住所:渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F
TEL:03-6447-0707
営業時間:11:00~21:00(日・祝 11:00~20:00)

「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT SPECIAL LIVE & TALK SHOW」
日時:2012年9月8日(土) 18:30~ LIVE、19:00~20:00 TALK SHOW
会場:PASS THE BATON OMOTESANDO
ゲスト:ヴィヴィアン佐藤氏 × 野宮真貴氏 × 冨沢ノボル氏
ライブ:代官山王国(多治見智高・ヴァイオリン/藤井琢也・アコーディオン/祖父江太佑・アコースティックギター)
司会:遠山正道(パスザバトン代表)

歌に引き込まれる瞬間

Profile_photo

吾妻光良&The Swinging BoppersのDVD「STAGE&BACKDOOR」入手♪


きっとみんな、不思議だろうな。
バンマス吾妻光良とshezooの関係とか。

かつてAZABU生がピアノを習うお嬢ちゃんの英語の家庭教師だったということは誰も知らない…。
わはは。

ま、色々あって先日再会したのですが、当時の楽しかった時間があっという間に蘇った訳です。
たとえば、同じ言葉を同時に言った瞬間、遅い方がアイスクリームをおごる「ハッピーアイスクリーム」(ひええ、懐かしい)とか。
試験の時には、文字が書ける木材の筆箱を持参する(深い意味はありません)とか。

Mitsuyoshi

とにもかくにも、彼の音楽に対する愛情はすごい。
これまで音楽を通じて受けてきたであろう様々な想いを、聴く人には楽しいものとして届けたいという気持ちがストレートに伝わってくる素晴らしいDVDです。
MCやお宝映像もはもちろんね。

そして何よりも私の心に響いたのは、彼の歌う在り方です。
ちょっとしたフレーズに置いても、魂が込められていること。

べたではない日常を表現することと、非日常との違いを今、感じています。

2012年9月 3日 (月)

生誕100年ジョンケージとキノコ\(^o^)/

Cage

すでに現代音楽のフィールドを飛び越えて、
ジョン・ケージはすごいことになっている。

昨日の夜のTBS菊池成孔の夜電波では
4分33秒を既に一般常識とさせることに成功していた。
すごいなー。ぱちぱち。


プリペアドの音源アプリができたことがここ数日で回ってきた。
iphoneについては無料だそうです。
使えないからね。


12月にケージを含めた現代曲のライブをやります。
その際には、自分が作ったプリペアドを模索しています。
いつも邪道ですみません。

どんなプリペアドになるか、まだまだ詰めなければいけないけれど、
もしかするとケージ以外の作品にもプリペアどるかもしれません。

でも、ピアノには優しくありたい。

おやすみなさい。

2012年9月 2日 (日)

shezoo plays Ensor アンソールという画家と音楽

Jamesensortheterrifiedmusicians


友人に誕生日のグリーティングカードを送ろうと思い、彼のプロフィールを覗いていたら好きなアートの中に「アンソール」の名前を見つけた。


ジェームズ・アンソールという画家。


アンソールは「仮面の画家」とも称される彼の作品には、仮面や怪物、骸骨といったグロテスクなモティーフが華麗な色彩で描かれ、人間の心の奥にある偽善や虚飾などの感情がユーモアを交えて表され、表現主義やシュルレアリスムを予言する「20世紀美術の先駆者」とも呼ばれているそう。

かなり以前、ジェームズ・アンソールの音楽作品をレコーディングしたことがあった。


「ラ・ガム・ダムール〜愛の調べ」アンソール・ピアノ曲集(ALCA-124)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000UVDZGA/ref=cm_sw_r_tw_dp_xuJqqb1057FJQ

ピアノ、編曲:前田志津←ex. shezoo
収録曲:1、愛の調べ マリオネットのデート~哀歌と子守歌~愛の調べ~葬送行進曲~抱擁~バーバリー・オルガンのために
    2、オンテンド・ロータリー・クラブのマーチ
録音場所:世田谷美術館


そういえば、世田谷美術館の録音ということでカラスNGとかがあったっけ。
http://artist.cdjournal.com/d/-/1291060367


世田谷美術館で録音するということ、アンソールの録音許可をベルギーに問い合わせること、このときのプロジェクトすべて対して、プロデューサーの三竿貴世さんの「成し遂げる」という意思と力はものすごかった。

現在の自分の音楽にも大きな影響力を与えてくれていると思う。




今年2012年は、春から「ジェームズ・アンソール 写実と幻想の系譜」展が豊田市美術館、愛媛県美術館と巡回している。
この後の予定は下記の通り。
9月8日(土)〜11月11日(日)損保ジャパン東郷青児美術館
11月23日(金・祝)〜2013年1月14日(月・祝)岩手県立美術館
2013年2月8日(金)-3月17日(日)岡山県立美術館


ちなみに関連番組FMトワイライトNHKでは『抱擁(「ラ・ガム・ダムール」より)』が流れていたらしい。





私はアンソールの世界観が好きだ。
全盛期にも芸術の中心地、パリに行くこともなく、港町にありがちな実家の土産物の屋根裏をアトリエにして、人魚の剥製や貝殻のあやしい土産物やカーニバルの仮面に囲まれて、死の陰を多く残した作品を制作していたという。

まるで引きこもりのような生活。
彼は何と向き合って絵を描いていたのか。


それが30代後半になると、毒はまったく消えてしまう。
いったいアンソールに何があったのだろう。





私にとってオステンドとは。


あたかも停止しているように強風に向かって飛ぶカモメたちを見ていたら、気づかぬうちに周りが満ち潮になっていて、冬のドーバー海峡からびしょぬれになってホテルへ帰った。
シャワーを浴びて、とにかく何か食べよう、そう思い町に出ると、小さな店から灯りが漏れていた。
何を注文したのか、覚えていないけれど、年配の男女が楽しそうに踊りはじめて、しばらくして一緒にと誘われた気がする。
でもシャイな日本人は輪には入れず、酔った頭でずっと彼らの踊りを見ていた。

翌朝、どうやって帰ったかの記憶がなく、勘定を支払ったかどうかもあやしかったので、駅に向かう前、店を訪れてみた。
間違いなくその通りにあったはずなのに、店らしい建物を見つけることはできなかった。


そんな記憶の場所である。


« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

最近の写真