« お盆vsグレゴリオ聖歌 | トップページ | shezoo plays Ensor アンソールという画家と音楽 »

2012年8月21日 (火)

CHINO(vo) meets shezoo's Songbook 9/14(金) @大泉学園インエフ

Photo_2


◇CHINO(vo) shezoo(p)◇
日時:9月14日(金) 7時30分スタート
場所:大泉学園 inF(インエフ) 西武池袋線「大泉学園」北口下車徒歩5分
練馬区東大泉3-4-19津田ビル3F
http://in-f.cocolog-nifty.com/
charge:2,500 円
ご予約・お問合せ:03-3925-6967 /  in-f.sato@nifty.ne.jp
* お席が少ないため、ご来場の際は事前の予約をお願いします。

かつて「うた」を書いていた時があった。
自分自身では歌えない「うた」に詩をのせてみると、伝える媒体が複数になってしまい、かなり居心地が悪かった。

そんな中、請け負う仕事が多くなって来たこともあって、少しずつ「うた」は音箱の奥底にしまわれていく。


存在すらもすっかり忘れていたあるとき、私はCHINOの「うた」を聴いた。
それは、劇団東京セレソンデラックスの「流れ星」の音楽を担当した時。
彼女がテーマ曲になっていた「見上げてごらん夜の星を」の歌ヴァージョンを録音した後、私のピアノヴァージョンを録音することになっていたレコーディングの現場での記憶。

心にしっかりと何かを伝えてくれるその「うた」がずっと気になっていた。
でも、具体的に何ができる訳でもなく、日々は過ぎていく。

3.11を受けて、チャリティコンサートに参加をする際、ふとCHINOの「うた」と、自分が置いていてき「うた」を思い出して、コンサートにCHINOに出演を依頼した。
しばらく見なかった彼女は赤ちゃんをしょってやってきた。
え。いいのこれでと思っているうち、聴いてくださった満席を埋める人々が、彼女の「うた」とMCにもっていかれてしまっていた。

CHINOはギョーカイ的にはすごく活躍している人だから、CM、アニメ、コーラスと、絶対みんな彼女の声は聴いてはいるはず。
でも、これってこのまま終わってしまってよいのだろうか。

もっと多くの人に、CHINOの「うた」を伝える責任が自分にはあるのではないかと感じた。


「人間の透明化について」
「ひとひらのため息」
「天使の仕事」


トリニテを自分のスタンスとしている中では、とても苦手な日常的な音楽の表現。
こんなタイトルでライブをする。

« お盆vsグレゴリオ聖歌 | トップページ | shezoo plays Ensor アンソールという画家と音楽 »

Musik」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CHINO(vo) meets shezoo's Songbook 9/14(金) @大泉学園インエフ:

« お盆vsグレゴリオ聖歌 | トップページ | shezoo plays Ensor アンソールという画家と音楽 »

最近の写真

  • _mg_8772
  • 20190707
  • _20190802
  • Puis__20190623154201
  • Photo_20190623154301
  • 52361884_372281266837164_245435505409471
  • 65872248_2839631159411225_49946350564094
  • Photo_20190804121201
  • Photo_20190804150001
  • 67467115_2395168130755932_88677805790435
  • Ura
  • Omote