« 聴くこととか見ることとか | トップページ | 人と人と »

2011年11月25日 (金)

BrilliantNoiseライブ そして砂女

Biri4

3.11を境に、自分には音楽しかない、音楽を発信し続けることが自分のできることだとわかった。
音楽に携わる人たちから、そんな言葉をよく耳にする。
確かにあの不気味な揺らぎは、直接的な被害に遭わなかったわたしたちに、皮肉にも良い意味で色々なことを考えるきっかけを与えてくれた。


自分にとっては明日が永遠のものではないという事実を目の当たりにして、音楽をやり続けることが自分の進む道だとはむしろ思わなかった。
確かに生きる糧を得ている意味においては、音楽を作ることで自分も生かされている。

でも、それがなぜ音楽なのか。




震災とは関係なく、この数年は音楽を作る理由を探し求めて来た。
初期の作品に「一人称の人々」という曲があった。利己主義的な考え方をする一人称の人たちを歌った内容で、簡単なコードとざかざかというつなぎ言葉で綴られていく。
今となっては楽譜は見当たらないし、内容も朧げだ。
ただ鮮明に覚えているのは、その曲を一緒に演奏した人たちの困惑した表情だった。
「演劇みたいだね」とか「たまにはこんなのあってもおもしろいね」とか。

全然演劇的でもなく、普通の音楽作品だったんだ。
その考え方は今でも変わっていない。

私は一体何がしたかったのだろう。


BrilliantNoiseライブ@神戸ビエンナーレ「輝きを揺らすもの〜存在の不確かさ」
元町駅から地図と住所をたよりに会場を探していった。
住所の表示がよくわからなくて、1時間ほどうろうろした。
町の人に聞いても、すごく丁寧で親切なんだけれど、みんな言うことが違う。

この迷路から抜け出せるのか、ふらふらと歩いていたら、誰かが腕を掴んだ。
顔を上げると阪神の震災でも生き残ったモトコーこと元町高架下商店街の入り口がボオッと目の前に現れた。そして一歩足を踏み入れた瞬間から、私はあっちの世界にぐいっと引き入れられた。
地方の商店街にありがちな多くのシャッター状態ではあるものの、古着屋、立ち飲みスタンド、アンティーク、呑み屋、パチスロ、子供服、履物屋、宝石箱のような店が並ぶ。
その中に、高架下アートプロジェクトの展示作品が、あたかもテナントのようにさりげなく入っていた。

そのひとつ、ゼロバイゼロのBrilliantNoise。
音に反応するという電球が天上から結構行儀良く並んでいる。
音がトリガー(スイッチ)になっていて、ライブが始まる前から、高架上の電車の通過音や、自動車の通過音に電球は反応していた。
そこに時折漂う、醤油のこげるニオイ。

すぐそばに居ながらなかなか辿り着けない、そんなあやしくも魅力的な商店街の一角で、人々は音と交叉する音楽に耳を傾け、天上の光を感じていた。
MCでエラそうに「音楽はコンサートホールやライブハウスの中で演奏されるだけではないはず」と言った時、大きな反応があった。
そんなことは周知の事実であって、誰もが自由に音楽を奏で、楽しめばいいのだ。
でも、私が言いたかったのは違う。

音楽を受信するアンテナが耳だけではなくて、視覚、触角、今回自ら学んだ嗅覚も、もしかするとさらなる可能性もあるのかもしれない。


音楽にはたくさんの側面がある。
今の自分を勇気づけてくれるもの、安らぎを与えてくれるもの、昔の時代を思い出させてくれるもの、知らない世界を見させてくれるもの。

音と音楽の違いは、聴くためのある一定の時間を強要することにある。
どれほど技術が向上した所で、録音も録画も実際の醍醐味を再現はできない。

でも、それ以上に、インスタレーションライブはその時、その場所に送り手と受け手が同時にいなければ中身を伝えることはできない。
それは、空間と時間を共有したものだけが得られる体験なのだ。

私が扱える媒体は音楽。
意味を持って与えられた空間で聴く音楽によって、聴き手に何かを考えるきっかけを作るということを提案し続けていく。


それが音楽を作る理由になるのか、インスタレーションライブの定義につながるのか。

« 聴くこととか見ることとか | トップページ | 人と人と »

Musik」カテゴリの記事

Kunst」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BrilliantNoiseライブ そして砂女:

« 聴くこととか見ることとか | トップページ | 人と人と »

最近の写真

  • _mg_8772
  • 20190707
  • _20190802
  • Puis__20190623154201
  • Photo_20190623154301
  • 52361884_372281266837164_245435505409471
  • 65872248_2839631159411225_49946350564094
  • Photo_20190804121201
  • Photo_20190804150001
  • 67467115_2395168130755932_88677805790435
  • Ura
  • Omote