« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年9月11日 (日)

存在の不確かさ

Erendira

何度も夢に見る



ナチの党本部だった大学の建物こと
外壁に銃弾の痕が無数に残る

ある時、ハーケンクロイツが建物に掲げられていた
大学時代には完璧に私のミカタだった守衛が教えてくれた
「シズ、映画の撮影だよ。ここでは時々ある」
校内に入って行くとナチの将校が大階段を駆け上がっていた

そんなこと、どうでもいい


朝一番の練習室を予約していたから
急いで守衛室で確認する

「シズ、キミの予約は入ってないよ」

いや、そんなはずはない
今日練習しなかったら間に合わないんだから




場所はスタジオに跳ぶ

すでにオケがスタンバイしている
楽譜は…鞄から出した五線紙は真白

焦ってMacを開く
HDにもiDiskにも
作品のデータはどこにも見つからない



大学の地下への階段前
立ち入り禁止の立て看板

守衛たちはおもしろそうに言う
「降りていっちゃダメだよ、地下は拷問室だからね」






G ガルシア・マルケス「エレンディラ」
現実と非現実を隔てる境界の危うさに溺れそうになりながら

あるはずのものの存在が不確かなこと
その現実は非現実をも飲み込む

« 2011年7月 | トップページ | 2011年11月 »

最近の写真