« 【ライヴ】 shezoo×小森慶子×壷井彰久×岡部洋一 | トップページ | 【ライヴ】shezoo×小森慶子×壷井彰久×岡部洋一@inF »

2009年9月 2日 (水)

8月30日のこと

200808231509001

衆議院選挙とか24時間マラソンとか巨人阪神戦とか…。
そして久しぶりのライヴ。

私個人的には、ずっとお世話になってきたスーパーボーイを卒業して初のライヴでもありました。

本当に盛りだくさんな一日でした。




まあ、選挙は期日前投票に行ったのでおK。

リハが午後4時からということで、若干準備もあったので早めに出ようと、愛車ワゴンRで午後2時過ぎに自宅を出発。

でもって抜け道に入ったとたん、周りに人と車が押し寄せてきました。

そんなこともわからないまま、まったく動かない道路の中でイライラしていたら大勢の人の波とカメラが目の前を通過。

そう。24時間マラソンの休憩所にランナーが入ってくる姿を一目見ようと詰めかけた人たちの波でした。

まさかその場でほぼ1時間動けないとは思わず、じっと耐えていたのですが、結局ランナーが出発するまでは情況が変わらないということを理解しメンバーに連絡。

みんなの励ましを支えに必死にインエフへ向かったわけです。

そしてメンバー全員がスタンばっている中、恐縮しつつリハに参加。

その後もメンバーに色々と助けてもらいつつつ、無事リハを終えました。



私の周りにはなぜかタイガースファンが多いです。
まさかのつぼーいさんも虎ファンとのこと。
私たちが一生懸命ライヴしたからでしょうか、タイガースは巨人に勝ち越しました。
ふうむ。



本題に戻りましょう。
ライヴのこと。

私が言っていいことかどうか、わからないけれど、本当に楽しかったのです。

それは岡部さんがMCの時、笑ってくれたからとか岡部さんの夕食のトンカツを見事言い当てたからとか←ウソウソヽ(´▽`)/

小森さんとは以前頻繁にライヴをでしたが、昨年のライヴが久しぶりでした。
とにかく豊かな音色と音楽性は、自分自身が思わず聴き入ってしまいます。

壷井さんとは1月にデュオをご一緒した時、テクニック、音楽性ともに、その懐の深さに驚愕し、ずっと昔から一緒に演奏して来たような錯覚さえ覚えました。

この二人が、shezooの音楽を深く理解して下さって構築されたのが、今回のユニットの原型となりました。

そこで、以前に別メンバーでのユニット、トリニテが中断していたことを踏まえ、このメンバーを基本として、ぜひトリニテの作品を更に展開して行きたいと思っています。

そこに、実は仲が悪そうで本当はすっごく仲がいい(はずの)岡部さんが、すごい種類のスパイスを振りまいてくれえること、自分が想い描いて来た以上の何かを聴かせてくれる場所がここにあったという驚きを改めて自分自身で感じることのできたライヴでした。

次回は12月13日です。
早めに告知してしまいましょう。


トリニテのことは、ご存知ない方が多いはず。
追って少しずつアップして行かねば。








« 【ライヴ】 shezoo×小森慶子×壷井彰久×岡部洋一 | トップページ | 【ライヴ】shezoo×小森慶子×壷井彰久×岡部洋一@inF »

コメント

あの日のライブを見てトリニテの事、とても興味が沸きました。
これまで、そしてこれから、色々と教えてくださいね。

latteさん

ようこそ。
私自身、どんな展開をしていくのか楽しみです。

スーパーボーイから独立されたんですか?
んんん。
スーパーガールに変身?
トリニテ・・・。また見たいです。

ここのところタイガースが調子いいのでご機嫌な私です。
じゃなくて、また聴きに行けるといいです。

みゃさん

お元気でしたか?

新生トリニテ、かなり印象が違うかもしれません。
ぜひ聴きにきてくださいまし。

Sweeperさん

あはは。
そうだよね。

タイガースの勝ち負けって、メンタルに直作用します。
だから今は結構安定しているかも(◎´∀`)ノ


さっき改めてぬくちゃんの日記を見て、本当に佐藤さんの提案は一人歩きして素晴らしい現場に成長しているのだと感じました。
音楽の本質に真摯に向き合う姿勢こそが大切なのだと再確認。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月30日のこと:

« 【ライヴ】 shezoo×小森慶子×壷井彰久×岡部洋一 | トップページ | 【ライヴ】shezoo×小森慶子×壷井彰久×岡部洋一@inF »