« すてきな一年になりますように | トップページ | サクサク曲作る人にはなれない。 »

2009年1月14日 (水)

「願いに変わりはないのにそれぞれを隔てる言葉」についての考察

Photo

前回のブログ「象のいる星」を書くにあたり、なぜか気になっている事がある。それが妙に残っていて、今も自分の中で燻っている。

たぶん、ビッグイシューとホームレスの事を調べている時に遭遇したホームレスに関わる2つの文がそれだ。


「ビッグイシューは、ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。」

「私たちは、ホームレス状態にある方たちへの法的支援を行うために、結成されたグループです。」

どちらも、ホームレスの人々の力になりたいと活動している貴重な存在であることは紛れもない事実として理解できた。

でも、何かが引っかかる。

何度も読み返してみると、前者が「応援」している事業であり、後者は「支援」している団体だということがわかった。
両者の間には、本当に違いがないのだろうか。


意味を調べてみる。

「応援」 力を貸して助けること。
「支援」 力を貸して助けること。

あれ?同じじゃないか。


別の辞書で更に調べてみる。

「応援」 他人の手助けをすること。
「支援」 他人を支え助けること。 

少し違いが出て来た。

「手助け」と「支え助ける」

大きな違いは感じられない。


類語を調べてみる。

「応援」 支援、声援、後援。
「支援」 応援、援助、後援。

何だ、お互いの言葉も含まれている。


唯一の違いを検証する。

「応援」→「声援」声をかけて元気づかせること。
「支援」→「援助」困っている人に力を貸すこと。


ここで明らかに道が分かれてきた。

運動会で仲間にするのは「応援」であり「支援」ではない。だから、声をかける。
困っている被災者にするのは、往々にして「支援」といわれており「応援」とは表現されない。でももしかすると「応援」しても良いのではないか。
限りなく同義ではあるのに、私にとって「応援」する側とされる側、「支援」する側とされる側の立場の違いが、この二つの言葉の持つ微妙なニュアンスを、居心地悪く感じていたのかもしれない。

現状は、支援する人たちが自分の立場はされる人とは別などと思っていないし、ましてや施しているなんて、これっぽっちも思っていないことはよくわかる。しかも現場の人たちがどれほど骨身を削って日々努力されているのか、我々の想像を遥かに越えるハードなものであるに違いない。

それなのに、なぜ私は違和感を感じてしまったのか。

さらにうがった見方をすれば、前出の「手助け」と「支え助ける」だって、できない相手を助けてやってる的な意味合いを感じなくもないのだ。


言葉って難しい。

« すてきな一年になりますように | トップページ | サクサク曲作る人にはなれない。 »

コメント

私はとてつもなく急いでない限り、立ち止まって、振り返って、300円出してビッグイシューを買っています。それは彼らの貴重な現金収入になることを知ったからです。
「国境なき医師団」にも不定期ですが、CD一枚買えるくらいの金額を毎回ねん出してます。

ただ、街角でやっている募金には不透明なものがあるので1円たりとも募金箱に入れてません。

本当に善悪の区別も難しいし、判断も難しい。
出来るところから、まずは、近くから、確認できるものから、始めるしかないのかも・・
賛否両論。
でも、何もしないより良い・・・

「自立」と「自律」…

「権利」と「義務」…

「自由」と「勝手」…


限りなく、とらえどころがなくて解釈にも、実践(言

動ないし行動)する規範または基準が曖昧模糊、魑魅

魍魎と化しています…私の文章も然りですが(苦笑)

少なくとも、誤解を恐れずに言えばそれぞれの立場か

らしか察することしか出来ないのかもしれませんね。

Sweeperさん

なんの応援もしていない自分がいます。
エラそうな事なんて何も言えません。

私ができる本当に有効な事がなんであるのか、真摯にずっと考えています。

たっきぃさん

こんな話を聞きました。

カエルたちがミルク壷に落ちました。
多くのカエルはもうダメだとあきらめてじっとしていました。
その中で生き延びたい!と思ったカエルたちは、ばたばたと手足を動かしじたばたしました。
そうすると、まわりのミルクが固まり始め、バターになって行きました。カエルたちはバターの上からジャンプして脱出できました。

その話しを聞いてから、どんな情況でもあきらめることなくじたばたすることって、結構かっこいいと思ったりしています。

あ。
応援や支援とは少し遠のいてしまいました。
ごめんなさい。


ミスターチャーリーさん

同じような気持ちで集まったはずであっても、その人たちの気持ちをひとつのくくりで表すのは難しいでしょう。

その中で、客観から主観として、関わって行きたいなーと思ったりしています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« すてきな一年になりますように | トップページ | サクサク曲作る人にはなれない。 »