« 「願いに変わりはないのにそれぞれを隔てる言葉」についての考察 | トップページ | 音楽の正しい答え »

2009年1月20日 (火)

サクサク曲作る人にはなれない。

Photo


とにかく〆切12時間切ったぞと理解していながら、色々な音いじっている中、ふと行き詰まった瞬間。

昨日のライヴで演奏した壷井さんの「First Greeting」。
ずーっと頭とか右足とか左肩とか、どこかでグルーヴしている。

充実したライヴの後はいつもそう。
新たな作品を作らねばいけないのに、めちゃくちゃひっかかってきて、ずっと残るのだ。

本来ならばとっても嬉しいことなのに、影響力が大きすぎて別の生まれつつあるアイディアに重しをしてくれるのだからどうしよう。これが、書くことが忙しくなると思うとライヴのブッキングを入れたくない理由だとつくづく知らされる。


あ。

以下に描く内容は、勝手なshezooの妄想です。
特に壷井さんのファンの方はてきとうに読み飛ばしてください。


「First Greeting」の設定は4/5と書かれています。
その入り口について。
3+2のリズムとそれにふさわしいとしか思えないコードがつけられている。
このグルーヴがトラデショナルな踊りのステップにあった気がする。
1小節に→123. 12

それからリズムは2小節単位で→3拍子×3回+1拍になる。
そして3小節の中に→3拍子×5回で収まる。

実は最後の3×5にトラップが仕掛けられている。
×4〜5にかけては
「面白いように皆さんドサドサ引っかかる」
らしい。
もちろん私も思いっきりトラップ踏んで心地よし。


で。
何が言いたいのかというと、楽譜をぱっと見で、誰にでも正しく演奏してもらうためには、トラップを踏まないようにグルーヴを拍で割った小節で譜面を作れば良い。

むう。これだけでもわからないですよね。

たとえば、5つのリンゴが入る箱に、3個入と2個入の袋がはいっているとします。
今度は箱3つ(全部で15個のリンゴがはいる)にリンゴを入れる時、↑のように3個と2個の袋が3つあれば簡単に分けられるけれど、たまたま3個入の袋しかなかった。
そこで3個入の袋にリンゴを詰めて、箱同士またがせて入れるみたいなことでしょうか。
なおかつ、箱1にはまたぐリンゴ2個、箱2には箱1とまたぐ1個に加え箱3とまたぐリンゴ1個が入っているところがとっさの判断を鈍らせるのです。

でも、↑には確固たる意味がありました。フレーズとかアーティキュレーションとかも踏まえ、作曲者の意図はとてもよく伝わってきたのだから、この曲の譜割はこうでしかないといたく感動したのであります。


そんな中。記憶がよみがえってきました。
今考えれば、ジャズが4拍子基本の概念によるのかなと思いつつ…。
以前、変拍子が小節をまたぐ意味を感じない、譜面がわかりづらいと言われていたことがあって、ずーっと悩んでいたけれど、自分の中のグルーヴとしては必然性があって、結局書き換えなかった経緯があります。

リズムは、ただ正確に刻むだけが良いのではないはずだし、小節線の大切さを改めて感じています。
拍子と小節は絶対に一致しなくてよい。
そんなこと、ずっと前にわかっていたつもりなのに、「First Greeting」はその美しさとともに、私のモヤモヤした心に爽やかな風を運んでくれました(わはは)。


これまでの記憶が残り、新たに何かを感じられますように。
そして今の私は音に気持ちを注ぎましょう。

« 「願いに変わりはないのにそれぞれを隔てる言葉」についての考察 | トップページ | 音楽の正しい答え »

コメント

大丈夫

大丈夫

It's getting better all the time!

最近、イスラム系の音楽が心地良いです。
日本人の祖先は、やはり、ユダヤ人なのか???
「はっけよい」も「やっつけろ、つきたおせ」?だったか、そんな言葉になるそうな・・
「かごめかごめかごの中のとりは、いついつでやる」も、みんな、何となく同じような旋律を知ってるらしい・・・・

確かに林檎って音符に見えます。

今日は、林檎3つで林檎ジャムを作りました。ジャムといっても細かく切って生姜と蜂蜜、シナモン、砂糖、少しの塩を入れて煮ただけなのですが。
味はまあまあです。

3拍子にすべきか、3連譜にするか、小節数を半分にするか、私は悩んだりします。
それに比べるとユーゴスラビアあたりの伝統音楽の変拍子って彼らは譜面で覚えていないはずなのにソラで覚えているのがうらやましく思います。

日記面白い。


生意気に申し上げれば、拍子と楽譜と実音の関係はどこかで整理しておくべきだと思う。
自分のためにも、これから学習するヒトのためにも。

ミスターチャーリー さん

コメントありがとうございます。
心配してくれて、とても感謝しています。
こう見えて、とっても強い人間です。
大丈夫ですからね♪


たっきいさん

イスラム〜アジアの歴史においては、特に音楽については何が起こっていたのか、譜面のような形で残っていないこともあって、本当にわかっていないようです。
しばしばヨーロッパ音楽と日本の音楽についての違いとして、日本人のルーツとして音楽は言葉と密接な関係があると言われています。
それも、アジア大陸からの影響だったのでしょうか?

人の琴線は、一体どんな風に張られているのでしょう。


g++さん

こういうのが面白い対象になるんですね。
なるほど。

人にものを教えられるようなエライ人には、間違いなく一生なれないですが、その辺りの整理整頓はやっておこうかなと。

うふふ。美味しそうです
Sweeperさんて、料理もやっちゃうんだ。すごい!


楽譜の有無。
最近、譜面があるから不自由とかないから自由とかはないと確信しています。

例えば、自分が譜面を提供している人たちがいます。彼らにとっての作品への糸は楽譜だけなのは間違いありません。その「内容」を読み取り表現して行く。そこから、何かが始まることに、最近ようやく気が付いたところです。

譜面で覚えていなくても、身体に入っているのは彼らの記憶です。
Sweeperさんの中にある記憶が、彼らと違っていて、全然問題ないはずです。
むしろ、私はSweeperさんの「それ」を聴いてみたいものです。

今ごろになってのコメントですが。。。

そういう変拍子「大好き」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクサク曲作る人にはなれない。:

« 「願いに変わりはないのにそれぞれを隔てる言葉」についての考察 | トップページ | 音楽の正しい答え »