« ひとつ年下の私へ | トップページ | eyes and ears »

2008年9月 9日 (火)

夜空に月を愛でる

夜空に月を愛でる
あたりまえのことが、これほど懐かしく感じられるなんて。
誰が想像しただろう。

夕焼けで、地平線がほんのりと赤く染まる時。
空には、ひとちぎりの雲もない。

見慣れていた風景に、「ありがとう」と思う自分が気恥ずかしい。

今日の月は月齢9。
右側が映る半月。

決して立派な月ではない。

でも私にはダイアモンドに見えたんだ。

自分の目に何を焼き付けたのか。

映像を沸き立たせる音楽とは。

耳と目が感じた、その先にあるもの。


« ひとつ年下の私へ | トップページ | eyes and ears »

Anblick」カテゴリの記事

コメント

0.01+2=?

スターダストは心に照らし続けるでしょうね…

ありがとうございます。

実は、私も、月が綺麗だなあ、と同じ日に感じて
いました。金星も・・・
でも、それを、誰にも伝えられなかった自分が
情けなかった。
自分の感情に忠実に、そしてそれを
音楽にする、、、shezooさん!

素晴らしいです。

私は、何もできなくて、、、、

今日は中秋の名月のはずでしたがあいにく曇りでしたね。
月は
海の潮への影響があるだけでなく
人を狂わせ
人をロマンチックにも信仰にも向かわせてさせて

不思議な月

ミスターチャーリーさん
月の明かりしかり、スターダストの光しかり、全てを照らされては気恥ずかしい私の心には、ちょうどいいルクスです。

ぽんさん
確かに!撮った写真のいくつもには、金星が月に寄り添う様に映っています。
ぽんさんの一言で、自力では気づくことのできなかったもうひとつの顔を、しっかりと認識することができました。
どうもありがとう。

Sweeperさん
「月に憑かれたピエロ」の日本語歌詞を作ったことがあります。
あの作品のテイストと詩の内容に、しばらくの間金縛り状態が続いたことを思い出します。
潮の満ち引き、誰に教えられた訳でもないのに新月や満月に産卵する海の生き物、ネイティブアメリカンが窓に下げるドリームキャッチャーは、月の光に紛れて入り込もうとする邪悪な夢を網にかけて通れないようにするものだとか。
A.L.リーバー著「月の魔力」には、満月の日には殺人や事故が起きる件数が多いとあります。

名月は愛でられませんでしたので、近所のスーパーから月見団子を買ってきて舌で愛でてみました。一番上の団子が黄色で月っぽかったのにはwww。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070666/23625025

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空に月を愛でる:

« ひとつ年下の私へ | トップページ | eyes and ears »

最近の写真