« 理屈の海を泳ごう | トップページ | 語る指先 »

2008年8月31日 (日)

音も光もない世界で

音も光もない世界で


福島智

ろう盲者。東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー部門准教授。


その人が書く文章は、力強く飾らない言葉で、容易に読むものの魂をその世界に引き込んでいく。


以前、NHK「ようこそ先輩」で小学生の後輩に対して授業をする彼を見たことがある。

9才の時に光を失う直前、薄れていく視界の中で、表しようのないほどの恐怖と戦いながら、彼は未来の自分を見つめていたという。
もう、自分の顔を見る事もできなくなる。

15才の時には音も失った。


給食のとき、一言も会話を交わさず食べるよう彼は子供たちに伝えた。
たったそれだけのことなのに、教室はいたたまれない空気に包まれた。

けんかをしたり、いじめられたり、邪魔をされたり、他人とコミュニケーションを交わさねばならない社会で生きていく上には、必ずしも楽しいことばかりではない。
そんなことは充分わかっているはずのに、身近な人間、家族に対してすらも容易に傷つけ、自らも傷つく。
そして、簡単に「死にたい」という言葉を口にする。

カタカタという食器の音だけが聞こえてくる時間、子供たちは何を感じ、何を思っていたのだろう。


彼の書いた「光、音、言葉」という文章がある。

読むたび、その文の美しさに我を忘れてしまう。
かつて見た情景を、聴いた音楽を、彼は閉ざされた目と耳の中で風化させることなく、日々大切に育んでいた。
開きっぱなしの目と耳を持つ者は、見えること、聞こえることが当たり前となり、見ようとする、聞こうとすることがいつしか億劫になってしまった。

彼は
『「音」には色彩があり、きらめきがある。そして、常に「時間」とともに音は流れる。「光」が一瞬の認識につながる感覚だとすれば、「音」は生きた感情と共存する感覚なのかもしれない。』
とした上で、文章の最後にこう綴っている。
『「光」が認識につながり、「音」が感情につながるとすれば、「言葉」は魂と結びつく働きをするのだと思う。私が幽閉された「暗黒の真空」から私を解放してくれたものが「言葉」であり、私の魂に命を吹き込んでくれたものも「言葉」だった。』

まったく光の入らない空間を全盲のアテンダントの誘導で歩くという体験型のイベント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を経験したことがある。

私は、音に色彩やきらめきを与えることができているのだろうか。

音を生きた感情につなげていられるのか。

音も光もある世界に生きる者として、自問自答を続けていかなければいけない。

« 理屈の海を泳ごう | トップページ | 語る指先 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音も光もない世界で:

« 理屈の海を泳ごう | トップページ | 語る指先 »