« 気持ちの所在 | トップページ | 近所の東急ストアのイベントで買ったバックハウスのピアノソナタ@ベートーベン »

2008年7月16日 (水)

ふぅ。

ふぅ。
パッケージ終了。

トランクに荷物を入れながら、去年やったウェラのCMを思い出しました。
海外旅行に行く準備をしている真矢みきさんが、友達から来た電話に対応しながら、ふと鏡を見るとちょっと髪が…というお話。

その映像ではベッドの上に素敵なドレスの数々が並べられていて、旅行への期待が盛り上がっとりました。

じゃあ自分はといえば。

何となくその辺にあるTシャツとか突っ込んで、出かけていた、というのは前回までのこと。

今回は、スタイリストを引き受けてくれている新田さんのアドバイスのもとに準備したシャツや、彼女が準備してくれたパンツやアクセが入っています。

私の中には、音楽が伝われば、見た目はどうでもいいという概念がありました。正直、今でもちょっとめんどうであるという気持ちはあります。

でも、時間とお金を費やしてライブやコンサートへ来て下さる方々に対する礼儀として、特にソロをやるとするならば、ステージには自分しかいないという事も踏まえ、普段着でいいのかという問題を突き付けられたとしら、きっと「よろしくない」と答えると思ったのがきっかけです。

もちろん、自分ができうるベストの音楽を表現することがあることは大前提として。

聴きに来て下さっている方は、どう感じているのでしょうか。

« 気持ちの所在 | トップページ | 近所の東急ストアのイベントで買ったバックハウスのピアノソナタ@ベートーベン »

コメント

オブジェのようですね。

緊張感がひしひしと伝わってきます。

気をつけて行っていらして下さい。

早速のコメントありがとうございました。

ほとんど日常会話になってしまいますが…

なるほど・・・。確かに衣装は邪魔臭い。
でも、shezooさんの場合、カジュアルな
ファッションで演奏されてるのも魅力の部分と
思いますけどね。姫様みたいなのとか、
衣装です。みたいなのだと、なーんか
ゆったり見れない感じがしちゃいます。
構えてしまうっていうか・・・。場所にも
よるんでしょうけどね。北海道
頑張ってください。

やはり、せっかく美しいのですから、もっとふくよかになり(僕の好みか・・・)美しいほうが、受け入れやすいのかもしれませんね。
                             合掌

>ミスターチャーリーさん
荷物も詩も、積み木のような感覚で表現しています。
心配してくださってありがとうございます。
嬉しい限りです。


>みやもとさん
今回のツアーは、前半がライヴハウス、後半はホール関係とまっぷたつに分かれました。
状況によって、衣装を変えようと考えています。
ま。ドレスは着ないから安心してね。


>たっきいさん
ないない。私は氷川きよし似と言われてますから(かっかっか)
とりあえず、旅に出た方がコンスタントに食べるので、ちょっとお腹周りはふくよかになります。
だから、お腹以外は…。
あまり期待できないかも。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふぅ。:

« 気持ちの所在 | トップページ | 近所の東急ストアのイベントで買ったバックハウスのピアノソナタ@ベートーベン »