« 紫 | トップページ | 深夜のおでん »

2008年7月20日 (日)

北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」

北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」
北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」
やっと夢がかないました。

何年前の事でしょう、初めてアルテピアッツァを訪れて以来、ずっとこの場所で演奏してみたいとずっと思ってきました。

あの時は冬で、廃校になった小学校の校舎には、だるまストーブがたかれていたっけ。

昨日まで続いていた、はっきりしない天気が嘘のような爽やかな午後に、現在はギャラリーとなっている体育館で、絵とオブジェと音がくるくると舞い上がっていきました。
そしてその隙間を縫って耳に囁く鳥の声。途中突然降ってきた雨の音さえ、あたかもプログラミングされた効果音のように感じられます。


北海道の人たちは寡黙だ。それでも伝わってくる集中していく「気」に、人として、ミュージシャンとして、温かな体温を感じる毎日です。

私のわがままを現実のものにしてくださった皆さんに、心から感謝します。
この瞬間を、きっと一生忘れない。

« 紫 | トップページ | 深夜のおでん »

コメント

ここ
日本?
てなかんじですなあ・・・

こんなとこで音楽を作れば
どんな曲が出来上がるのやら。

>ojiyanさん


日本というよりは、ここは地球?という感覚の空間です。
http://www.kan-yasuda.co.jp/arte.html

のちほど、改めて映像はアップしましょう。

昨年の大阪でのわがままライヴを皮切りに、何だか回りの人たちを巻き込んで演奏させてもらっています。
http://goodwishes.cocolog-nifty.com/happy/2007/11/shezoo_d10c.html

言い訳みたいやけど、そこで感じた何かが次の何か繋がっている手応えは、確かに。

「繋がり」から更に進んで?
「戻り」となれば
リンクから
サークルの世界ですな。

>ojiyanさん

人間は結局、時には大きな、時には小さなサークルをくるくる廻っているような、出発点と着地点が少しずつ変わったり、軸を微妙にずらしたりしながら、年を経ていく気がしています。

輪廻なんていう洒落た言葉ではなくても…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」:

« 紫 | トップページ | 深夜のおでん »