トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

希望に代わるもの

希望に代わるもの
「人の心にある音楽は決して奪うことは出来ない」

音楽が人間にとって一つの記憶の事象である限り、永遠に心から奪うことはできなきないという事。

しかしひとたび、深い悲しみにそれが結び付いたとしたならば、人は自らその音を封印する。


それなのに、耳がそのかけらに再び触れた瞬間、自分でも忘れていたはずの記憶は鮮烈に甦る。

人の心に宿った音楽は、どれほど切り捨てたいと願ったところで、己ですらも、決して奪うことは出来ない。

ならば、音楽を伝える人間は、何処にそれを置くのか。

純粋に聴き手として感銘を覚えた音が、頭の中でループして抜け出せなくなってしまうことがよくある。

そんな時、新しい音を求めて、私は容赦なく音を捨てにかかる。

それなのに、必死な私を嘲笑うかのように、気が付けば音は心のフォルダーに舞い戻っている。


ツアーに行けば、毎日が新しい出会いであり、ほとんどが初めてshezooを聴く人と時間を共有するとなれば、何百、何千回弾いた曲であろうと、その瞬間、昨日までのshezooは存在し得ないのだ。


ショーシャンクの空に
「心の奥底にあるもの、それは希望だ」


音楽は、希望の代弁者なのか。

確かに、そこには絶望も存在するのに。

付け合わせの妙

付け合わせの妙
ジューシーなハンバーグに炊きたてのごはんと具だくさんの味噌汁。
最高のご馳走です。

でも何かが足りない。

そう。
それは鮮やかな色合いの付け合わせだ。これが不可欠。

付け合わせの善し悪しで、メインディッシュの印象は、いかようにも変わってゆく。

でもこれはあくまでも、ハンバーグが美味しいという前提があっての事。

ならばその付け合わせが、ハンバーグをしのぐほどの存在感であったとしたらどうなるのか。


それって、芝居でも音楽でも、同じ事が起こり得る。


本当にいい脇役は、決して主役を食ってはならない。

そんなことを考えた日。

2008年7月25日 (金)

無題

無題
永遠のものなんて何もなくて
そんなことはわかっているから
冷静に振る舞う


あらためて突き付けられた時
また深い穴を掘り始める


これまでも

これからも

2008年7月23日 (水)

まぶたとみみたぶ

空港で6時間待って、へばへばになって帰ってきたのも束の間、乃木坂スタジオでCMのレコーディングがただ今終了。

まぶたとみみたぶ

ミュージシャンの巧さと、エンジニアの広兼さんの優れた耳のセンスで、すっごく格好いい作品になりました。感激。


まぶたとみみたぶ


あれ?以前会ったことがあるような気がしていたら、広兼さんて、みみたぶの人なんだ。


ホッとしたら、急激に眠気が襲ってきた。お腹ペコペコだけど、今日はとっとと帰ろう。

天上の夢

雲の上
一週間なんて、あっという間です。

先週の今日、北海道に来たと思ったら、もうツアーも終わり。


たくさんの人と出会って、いろんなシーン脳裏を過り、心に浮かびます。

整備不良とかで出発地時刻は大幅に遅れたけど、空の旅はなかなか快適。


陽の高いうちは、天使もまだやわらかな雲に包まれて微睡んでいるのかもしれない。

そして東京は


果てしなくあづい
(´・ω・`)

北海道ツアー6日目恵庭「夢創館」

北海道ツアー6日目恵庭「夢創館」
夢創館は古い倉庫を改築して作られたスペース。

ここもアルテピアッツァ同様、前回伺った時、あまりにすばらしい音響と雰囲気の印象が鮮烈で、夢の蔵のスタッフと恵庭の方たちのおかげで実現してもらった場所です。


鍵盤をひとつ触れただけで、音が広がってゆきます。期待に違わぬ状況に、ここではラプソディーインブルーとサムワントゥーウォッチオーバーミーもプログラムに入れていた事もあって、リハの時から思いっきり弾いていました。


ふと気付くと、開場が始まっていて、客席の人と思わず目が合ってちょっと恥ずかしい…。
北海道ツアー6日目恵庭「夢創館」


ぜいたくな照明も入れてもらい、幸せな一夜でした。
小さい子供たちが、Fungi on red〜きのこに合わせて踊っていた。

余談ですが。
夢創館ではプロレスの興行もやるのだと!
北海道ツアー6日目恵庭「夢創館」
いろんな場所でライブをしてきましたが、次の週にプロレスのリングになる場所での経験は初めてのことです。なぜか興奮。

2008年7月22日 (火)

Lotus Flower

Lotus Flower


宿泊した千歳から恵庭に向かう道すがら、牧場と農場を見に行く。


一面のケール畑の先に広がる赤麦、サラブレッド、青や赤い屋根の牛舎。

Lotus Flower


途中、沼に生える蓮の葉を発見。花は未だ。

2008年7月21日 (月)

夏の牡蠣

夏の牡蠣
ツアーも残すところあと1日。

今回、ローディーをつとめてくれた宮崎さんの事務所近くのBistro蔵で打ち上げ。

牡蠣と山芋の揚げ出し。
やばいです。
北海道では夏でも厚岸の牡蠣が食べられるんだそう。

2008年7月20日 (日)

北海道ツアー5日目小樽「町の寿司」

北海道ツアー5日目小樽「町の寿司」
北海道ツアー5日目小樽「町の寿司」
ライブの前に食事をすませていた皆さんは、とても幸せそうでした。美味しいものって、本当に人を幸せなするのですね。


今回のツアーで唯一のエレピ。でも、全く気になりませんでした。

ほとんどの方が、私の演奏を聴くのは初めてのはず。それなのに、これまで何度も聴いてくださった人たちのように、至って自然に受け入れてくれました。

アンケートには「癒された」という書き込みを多く発見。でもむしろ癒されたのは、こちらの方かもしれない。一緒に時間を共有できた方々に感謝。


終演後、むちゃくちゃ美味しいお寿司を頂きました。ほっぺた落ちました。
ごちそうさまです。
合掌(・Θ・)/

太鼓・のこぎり・天の声

太鼓・のこぎり・天の声
小樽に到着。
古い建物に趣があります。素敵な街だ。


そういえば今日、題名のない音楽会にアウラが出たはず。


もちろん、アウラは天の声でしょう。


太鼓とのこぎりとセッション?

どんなだったんだろう。

深夜のおでん

深夜のおでん
普段の生活からは考えられないほど定期的にご飯タイムがやってくるし、なぜかライブの後って猛烈にお腹が空くので、一旦ツアーにでると大抵肥えて帰ってくることになる。

そして今回も例外ではない様子。


以下は札幌での話。
それにしてもよく食べた。朝定食に始まり、昼の蕎麦、ライブ前のチキンサンド、打ち上げで出された大好きなはらこ飯とジンギスカンについては、周囲の驚愕の目も気にせず一人でほぼ完食。かっかっか。

ここまで食べれば十分だ、と自分でも思いつつ、ホテルに帰ってから何となくふらふらコンビニへ。水とお茶を手にレジで順番を待っていたら、隣のレジでおでんを買っている人が目に入った。するとおでんカップを袋につめる店員の手に何やら見慣れぬ茶色いコブクロ…。必死でチラ見をすると「おでん用みそだれ」だって!大根とかこんにゃくの田楽みたいなのかなと興味津々。
気が付くと、こんにゃくとつくねを買っていた〓


よく分からないまま、辛子と味噌両方つけて食べてみました。

辛子と味噌の味だわ。

北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」

北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」
北海道ツアー4日目美唄「アルテピアッツァ」
やっと夢がかないました。

何年前の事でしょう、初めてアルテピアッツァを訪れて以来、ずっとこの場所で演奏してみたいとずっと思ってきました。

あの時は冬で、廃校になった小学校の校舎には、だるまストーブがたかれていたっけ。

昨日まで続いていた、はっきりしない天気が嘘のような爽やかな午後に、現在はギャラリーとなっている体育館で、絵とオブジェと音がくるくると舞い上がっていきました。
そしてその隙間を縫って耳に囁く鳥の声。途中突然降ってきた雨の音さえ、あたかもプログラミングされた効果音のように感じられます。


北海道の人たちは寡黙だ。それでも伝わってくる集中していく「気」に、人として、ミュージシャンとして、温かな体温を感じる毎日です。

私のわがままを現実のものにしてくださった皆さんに、心から感謝します。
この瞬間を、きっと一生忘れない。

紫
一面のラベンダー畑。

紫の色は、さまざまなグラデーションの糸で織られた絨毯のようです。


茹でたてのとうきびを買いました。でかい。ふだん食べているものの1、5倍はある。

この甘さは「とうもろこし」じゃなくて、まさしく「とうきび」の名前がふさわしいと妙に納得です。

北海道ツアー3日目帯広「BbM 7」

北海道ツアー3日目帯広「BbM<br />
 7」
朝、スタッフは市場でおまかせ丼をたべたらしい。ご飯を買って、好きな刺身を乗せてもらうというアレ。
…〓

集合時間ぎりぎりにしか起きれなかったのは事実なのに、いざ食べられなかったとなるとすごく悔いが残る。
よし、今度からは目的地に着いたら、とにかく早めに本場の味を食しておこう。


ということで、帯広到着後はまず豚丼を堪能。本番前の準備は万端であります。
帯広は生まれて初めて訪れる地。「BbM7」は駅からも近くて、繁華街の中にあるお店です。

椅子もゆったりとしたソファ、霧島さんの絵も素敵にディスプレイされて落ち着きます。

それにしても、初めての場所でのライブは、どんな展開があるのか楽しみ。

聴きに来てくれる人たちは、みんなアンテナを立てている。そのアンテナは千差万別で、一人一人違ったチャンネルが開いている。
私たちはそこへ発信するのだ。

必ずしもすべてのアンテナに届く電波はありえないし、そんな電波を発することが的確であるとは決して思わない。
受信する側もザッピングするうちに開く場合もあるし、違うチャンネルでも受け取れたり、あくまでも自分のチャンネルを貫く場合もあるだろう。

ライブにおける演者とオーディエンスの関係性は、いつもスリリングだ。それは音楽に限ったことではない。
ひっぱったり、ひっぱられたりしながらの駆け引きが楽しい。そんな事を強く感じたライブでした。


今日で前半が終了。

次回は店主のげんちゃんやけんぢさんとも一緒に演奏したいものです。


2008年7月18日 (金)

北海道ツアー2日目釧路「ジスイズ」

北海道ツアー2日目釧路「ジスイズ」
決して一日中降っていた訳ではないのに、ライブの最中は雨。昨日も何となく霧雨だったし、今回のメンバーの中に、どうも雨乞いが得意な人がいるみたいだ。
あいにくの天気にも関わらず足を運んでくださり、耳を傾けてくれて本当にありがとうございました。しっかりと伝わって来ました。


濃い夜。
登板前のピッチャーのように、一応ライブの前には今日はこんなふぅに流れを作って完封しようと大筋のシミュレーションは考えて望むのだけれど、実際はその通りに進むはずもなく、打ち込まれてKOだったり、味方の援護に助けられて逃げ切ったりするのが常な訳だけれど。
それが昨日ほど自分の思惑に対して、心が離反して行くライブは、もしかしたら初めてだったのではないかとと思われ、「弾く」というより、もはや「弾かされている」状態でありました。
だから、これだけはと決めていた事の居心地の悪さが、妙に新鮮にも思えたり。

こういった体験は、スタジオだけでは得られない、ライブを通してはじめて巡り合えるかもしれないものだとつくづく感じた瞬間でした。

打ち上げは夜明けまで大盛り上がりで、あいかわらず「shezooちゃん、よく食べるねー」とか言われながら、余計なお世話じゃいと思いつつ、つぼ八を堪能。(確かに朝昼をしっかりと食べ、ライブの前には近くのかめや食堂で丼ごはんを完食している事実はあるが。)
これもひとえに、ツアーの醍醐味。ミュージシャンでよかったと幸せを感じます。

夜明け、カモメの鳴き声がどこかに反響して、深いリバーブとディレイがかかって町にこだましていました。


ジスイズの店主、小林さんの旧知のご友人が、つい先日病気で急死され、昨日はお通夜だったとのこと。
合掌。

2008年7月17日 (木)

浦河漁港

浦河漁港
昼食後、再び釧路へ。

うみねこがにゃあにゃあ鳴いています。

北海道ツアー1日目札幌「くう」

Photo

「naturecircle」のブックレットの中に収められているピアノを弾く手の写真、アレは紛れもなく「くう」でピアノを弾く私の手です。不慮の事故で亡くなられたPAの別所さんが残してくれた大好きな写真でした。今回、「naturecircle」を通してたくさんの方に見て頂くことができて、本当によかったと思っています。
そんな思いのつまった場所が今回のツアーの初日でした。

とにかくむちゃくちゃ弾いていく程に気分がよくなるピアノです。coralの最後のリリース音の続くこと。少しずつ減衰してゆく音の彼方に、満月へ向かって旅立つ珊瑚の卵達の姿が融けていった気がします。

足を運んで下さった方、そしてオーナーの山本さん、奥様、本当にありがとうございます。
幸先のよいスタートが切れました。


明日は釧路です。どんな出会いがあるのでしょうか。楽しみです。

2008年7月16日 (水)

近所の東急ストアのイベントで買ったバックハウスのピアノソナタ@ベートーベン

近所の東急ストアのイベントで買ったバックハウスのピアノソナタ@ベートーベン
…結局眠れない。


予想はしていたものの、見事的中。

そりゃそうだ。不在期間の対応とか、その後のレコーディングのこととか、考えることは山積みで、散々アドレナリン出しまくった後、さらに明日のプログラムとか再考察して余計興奮してしまったのだから。

で、ここで登場したのがバックハウスのベートーベン。基本的に、ベートーベン最後の3つのソナタは、迷った時に戻れる原点であります。

なぜこんなすばらしい演奏を、ばった売りできるんだ!(って買った私が言ってはいけない


ドイツにいたときは、「バックハウスなんか音に蚊がとまりそうだよねー」とか言っていたものです。

あー私は本当にバカ。

以前、松風さんから指摘された「LUNA」という曲でも、結局は同じ事だったのだと改めて気付いたわけです。

余計寝れない。
今から飲んじゃったら起きれないし。

最近、ベートーベンはロックに匹敵するリズムのモチベーションをもっているという本が話題になっているとか。

確かにこのグルーブを18世紀に書いた人は尋常ではないにちがいない。

ふぅ。

ふぅ。
パッケージ終了。

トランクに荷物を入れながら、去年やったウェラのCMを思い出しました。
海外旅行に行く準備をしている真矢みきさんが、友達から来た電話に対応しながら、ふと鏡を見るとちょっと髪が…というお話。

その映像ではベッドの上に素敵なドレスの数々が並べられていて、旅行への期待が盛り上がっとりました。

じゃあ自分はといえば。

何となくその辺にあるTシャツとか突っ込んで、出かけていた、というのは前回までのこと。

今回は、スタイリストを引き受けてくれている新田さんのアドバイスのもとに準備したシャツや、彼女が準備してくれたパンツやアクセが入っています。

私の中には、音楽が伝われば、見た目はどうでもいいという概念がありました。正直、今でもちょっとめんどうであるという気持ちはあります。

でも、時間とお金を費やしてライブやコンサートへ来て下さる方々に対する礼儀として、特にソロをやるとするならば、ステージには自分しかいないという事も踏まえ、普段着でいいのかという問題を突き付けられたとしら、きっと「よろしくない」と答えると思ったのがきっかけです。

もちろん、自分ができうるベストの音楽を表現することがあることは大前提として。

聴きに来て下さっている方は、どう感じているのでしょうか。

2008年7月14日 (月)

気持ちの所在

身体は東京、魂はどこにいるんだろう。
毎日のように朝まで起きていて、ちょっと横になる。
頭の中で、たくさんの言葉と音と映像が、滝のように流れたり渦を巻いたりしてゆくイメージ。
アンバランスな今日この頃です。

ふと気づくと、北海道ツアーは明後日からだ。

いつもはぎりぎりまで書き仕事をして、徹夜の頭でふらふらとツアーを開始するものの
始まってしまうと毎日が充実して、疲れなどふっとんでしまう。
でも、一線に飛び込む瞬間にこそ、なかなか身体が重くて踏ん切りが付かない。
今回は、ツァー後のレコーディングの準備も早々と終わっているはずなのに
結局時間の使い方は相変わらずよろしくない。

だけど北の大地と新しい人々との出会いを思い描きながら
粛々と準備をする訳です。

ブログ

自分で作りますと言っておきながら、結局事務所の頭脳、中村くんのお世話になって
やっと念願だったブログ開設の運びとなりました。

筆無精(この場合は入力無精なのかな)では決してないのに
下書きフォルダーにどんどん文章を溜め込む妙な傾向があります。

自分自身を見つめ直す意味においても、勇気を持ってアップしていくようにしよう。

トップページ | 2008年8月 »

最近の写真